奨学金

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変した方への支援

予期できない事由により家計が急変し、急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に緊急に支援の必要がある場合には、急変後の所得の見込みにより要件を満たすことが確認されれば給付奨学金の支援対象となります。家計急変事由が発生した場合は速やかに学生支援課へ「事前相談」してください。
※すでに大学等に在学している人が対象です。

日本学生支援機構奨学金在学定期採用(二次)の申請について

申し込み可能な制度は【給付奨学金(授業料等減免含む)・貸与奨学金(第二種(有利子))】です。既に日本学生支援機構奨学金の貸与または給付を受けられている方で、追加での貸与または給付が必要でない方は、資料請求及び申し込みをする必要はありません。
新規で申し込みを希望される方のみ、以下のリンクから書類を請求してください。請求の際、【送付先住所・奨学金希望種別(給付or貸与or両方)】を必ず明記してください。
※留年生は、申し込むことができません。
※大学院生は、第二種奨学金(有利子)のみ申し込むことができます。

書類請求期間:10月22日(金)

今後の奨学金に関するお問い合わせにつきましては、以下のURLのお問い合わせフォームからお願いいたします。

高等教育の修学支援新制度について

 「高等教育の修学支援新制度」とは、大学等における修学の支援に関する法律に基づき、学部学生を対象とした授業料の減免や、日本学生支援機構(JASSO)による給付型奨学金の支給が行われるものです。
 支援対象には、世帯収入年収の所得基準があります。所得についての具体的な要件(基準)や対象となる世帯年収の目安については、日本学生支援機構(JASSO)のホームページでご確認下さい。また、日本学生支援機構(JASSO)のホームページにある、「進学資金シミュレーター」の「奨学金選択シミュレーション」を使って、御自身の世帯の年収等をもとに、給付奨学金の対象になるのか大まかに調べることができます。下記サイトもご参照ください。

奨学金について

本学では、学生の学生生活を支援していくために、さまざまな制度が設けられています。そのひとつとして奨学金制度があります。
奨学金制度には、阪南大学独自の奨学金、阪南大学後援会が実施する奨学金をはじめ、日本学生支援機構など本学以外の様々な奨学金制度も取り扱っています。

奨学金関係の説明会

2021年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、全体での説明会は開催せず、学内ポータルサイトでの掲示や「あなたへの連絡」、郵送により採用説明や奨学生募集、返還説明等を行います。

学生生活支援 コンテンツ