経営情報学部 経営情報学科

学部基本情報

阪南大学経営情報学部は理論と実践のバランスを大事にします

 何かをしようとするとき,その物事に対する理屈の理解つまり理論と,それをどうやって行えばいいか,すなわち実践の知識はともに不可欠なものです。たとえば,アメリカで作られたジーンズを日本で売って儲けたいと思っても,実際にどのように仕入れ,どのようにして売ればよいのかという実践的知識がなければ売れないでしょうし,たとえ売ることができたとしても,生産コストや貿易の基本的な理屈を知らなければ損をするかもしれませんね。
 このふたつをバランスよく学んで,実際に役に立つ能力を身につける,これが我々の考える「実学」です。
理論は大学の講義で学びますが,実践力は通常の講義だけでは身につけることが困難です。そこで,実際に企業を経営されている経営者を招いての経営実践講座や,ときには大学を飛び出してフィールドワークを行い,経験的知識を修得することで,その力を養います。そこで得たもの,経験したことを,講義で学ぶ理論と照らし合わせることによって,さらに能力を深めます。

阪南大学経営情報学部は皆さんのあらゆる可能性をバックアップします

 本学部卒業生の進路を詳しく見ると,商社・金融・製造・販売といった経済・経営系の学部が得意とする業種や,情報系学部が得意とするIT系企業にまじって,社会保険労務士,TVディレクター,大学教員,イラストレーターなど,「えっ?」と思うような分野へ進んだ先輩がいることが分かると思います。これはなぜだと思いますか?
 皆さんは様々な可能性をもっています。大学の学部選びは重要ですが,それでもそれは皆さんが持つ可能性の一つに過ぎません。一方,本学部で学ぶ経営と情報の知識や技能は,どのような分野であろうとビジネスが絡む限り,必ず必要とされるものです。これらを学んだ結果,選ぶ進路は必ずしも一般的なビジネスだとは限りません。阪南大学経営情報学部は皆さんひとりひとりの可能性,ひとりひとりが進みたい道を最大限バックアップしたいと思います。

学部長挨拶

経営情報が学べる近畿圏で唯一の学部

 阪南大学経営情報学部は、前身である商学部経営情報学科が1986年に誕生しており、 30年以上の歴史を持っています。当学部は、近畿圏唯一の経営情報学部として、情報化社会の中で活躍できるビジネスパーソンを育成しています。

経営情報学部はIT時代の経営学部

 経営情報学部は、あらゆる分野でIT化が急速に進行・浸透している現代社会において、将来の情報環境の変化に対応できる情報処理の基本知識・技能と、経営学・会計学やマーケティング等の深い知識を備えた社会に有用な人材を養成することを目的とした、IT時代の経営学部です。
 当学部には、全国レベルのビジネスプランコンテストで入賞したゼミ、企業と相互協力するゼミ、大学を飛び出してフィールドワークをするゼミ、eビジネスや国際ビジネスを研究するゼミ、在学時から現実のシステムで使われるソフトウェアを開発するゼミ、株式投資のコンテストに挑戦するゼミなど、魅力的なゼミが沢山あります。
 2018年度からは「事業承継論」が開講され、後継者育成にも力を入れています。情報処理の基礎科目では能力別クラス編成としていますので、パソコンが苦手な学生も無理なく学習を始めることができます。

経営情報は、経営+情報ではなく、経営×情報

 スマホに保存してある楽曲やゲームソフト等は、情報が商品となっている例です。いくら良い商品(情報)を作っても、経営力がないと売れません。
 経営の知識があれば、情報の価値を何倍にもできます。情報の知識があれば経営力を何倍にもできます。このことが、私が、経営情報=経営×情報、と考える理由です。
 経営に特化した人材、情報に特化した人材、経営情報学部ではそのどちらも輩出できます。しかし経営と情報の両方に通じることで新しい価値を作り出す人材を輩出できるのが経営情報学部です。

「小学校からのプログラミング教育必修化」を先取りするカリキュラム

 2020年度から、小学校でプログラミング教育が必修となります。このことは、単にワープロが使え、表計算ソフト(Excel)でグラフを作成できるだけでは不十分な時代が来ていることを示しています。
 経営情報学部は、2007年度から既に、レゴを使ってロボットを動かして楽しみながらプログラミングを学べる授業を始めるなど、時代を先取りするカリキュラムを提供しています。

就職に強い阪南大学の中でも、さらに就職に強い経営情報学部

 就職に強い阪南大学の中でも、さらに就職に強いのが経営情報学部です。学部別就職率では5学部中トップになることが多いです。
 情報技術という、どんな会社に就職しても役立つ技能をしっかり身につけられるのが経営情報学部です。社会科学系の知識と情報技術の両方を備えていることが、経営情報学部生の強みです。

Growing further! 経営情報学部で成長する4年間を

 入学時の学力や各種の能力は学生によって多様です。しかし、入学時に苦手なものでもそれを平均以上のものに引き上げること、入学時に既にかなりの力を持っていればそれを卓越した力に引き上げること、つまり一人一人の学生を一層成長させることが私たちの目標です。
 入学時はパソコンが苦手だった人が卒業時にはIT業界に就職する例や、入学時は学力面で劣等感を持っていた人が著名な上場企業に就職する例も少なくありません。
 Growing further! 阪南大学経営情報学部は、大学生活を、成長する4年間にしたいと願っている学生を支援します。

経営情報学部 オリジナルサイトもあります

お知らせ

学部について

一覧

研究室・ゼミについて

一覧

経営情報学部 経営情報学科 コンテンツ