経営情報学部 経営情報学科のコース

企業活動に欠かせない力を身につける3コース6分野

経営・会計コース

経営と会計。企業を動かす2つの専門知識を習得

企業活動を理解するために、企業経営の仕組みと理論およびびそれらの実践的な事例を学ぶ「経営分野」と、企業活動の記録である会計情報の作成方法と利用方法をマスターする「会計分野」の知識の習得をめざします。本コースでは、学術的な理論だけでなく、実際の企業経営者を講師として招くなど、より実践的な教育を展開。正しい経営知識をもって行動できるビジネスパーソン、および即戦力となる会計人の育成をめざします。

マーケティング・e-ビジネスコース

これからのビジネスに必須のマーケティング知識と情報技術を学ぶ

インターネットの普及により、企業活動や消費者の購買行動が大きく変化しました。本コースでは、新しい発想でビジネスを動かす人材を育成するために、2つの分野からアプローチします。一つは、市場や顧客を分析・観察する力を育成する「マーケティング分野」。もう一つは、IT化によるビジネスのグローバル化とeコマース(電子商取引)という2つの新しいトピックを学ぶ「e-ビジネス分野」。21世紀のビジネスを牽引する力を育てます。

マルチメディア・情報システムコース

コンテンツ制作から企業のシステム構築までを手がける

現在のビジネスは、情報技術の進展を抜きに語ることはできません。本コースでは、コンテンツ制作に欠かせない画像・映像・アニメーション・音楽など、直接我々の感覚に働きかける情報を扱う「マルチメディア分野」、最新のコンピュータ知識・開発技術と確かな業務・経営知識に裏付けされた企業情報システムの構築をめざす「情報システム分野」の2 分野を学びます。これらの力をプログラミングやシステム制作による実践的プロジェクトを通じて習得し、提案力をもったエンジニアを育成します。

経営情報学部 経営情報学科 コンテンツ