阪南大学学生会

阪南大学学生会は、2017年4月に阪南大学の学部学生全員が所属する学生団体組織として誕生しました。阪南大学学生会(以下 学生会)は、学生の自由と権利を守り、学生の自主的活動により、学生生活全般の発展向上に努め、併せて阪南大学の発展に寄与することを目的として活動を行っています。
学生会は、学部学生から徴収する学生会費で運営されます。学生会での実施事業は、体育会・文化会の各クラブ団体の代表者が集う体育会・文化会本部、大学祭実行委員会、留学生会から各2名、各学部の代表者として2名、学生部長をはじめとする教職員8名の計26名で構成される学生会連合委員会(以下連合委員会)において審議されて実行されます。(阪南大学学生会組織図を参照してください)2018年度は、新入生歓迎イベント「Campu§tart2018」の企画運営や、学生会組織の運営を考える「学生会研修キャンプ」の開催、クラブ学生団体を中心とした主将・部長たちによる「リーダースキャンプ」を主催しました。

連合委員会では学生メンバーが中心となってイベント事業、福利厚生事業、広報事業を展開します。
イベント事業部では新入生歓迎イベント「Campu§tart2018」をはじめ、阪南大学生が皆で楽しめるイベントを計画しています。
福利厚生事業部では、「大学を良くするための学生アンケート」の実施や「献血活動」など、阪南大学生の日々の生活を良くする活動をおこないます。
広報事業部では、「阪南大学クラブ・サークルガイド」の作成のほか、学生会の活動内容を、大学内外に広報しています。
誕生後間もない団体のため、試行錯誤を繰り返しながら阪南大学生のためになる活動をおこなっていきます。阪南大学を良くするための活動に興味のある方は、学内での活動募集などに積極的に参加してください。

学生生活支援 コンテンツ