学生相談室

学生相談室では、学生のみなさんがより充実した学生生活を送るための活動を行っています。
学生生活、進路、対人関係など、どんなことでも、ひとりで悩まずに気軽にご相談ください。
学生ご本人だけでなく、保護者や関係者の方もご利用いただけます。
相談内容は本人の承諾なしに学生相談室外に知らせることはありません。
秘密は厳守しますので、安心してご利用ください。


ご相談のある方は、電話、もしくはメールにて受け付けております。
一人で悩まないで、ご連絡ください。

TEL(直通):072-332-1276
予約専用メールアドレス :gakusou@hannan-u.ac.jp

新型コロナウイルス感染拡大防止対策でストレスを抱えている学生の方へ

~学生相談室カウンセラーより~
新型コロナウィルスの影響で、外出自粛になったりオンラインでの授業となったりと、大学生活が思うように進まず、イライラやモヤモヤを感じている方も多いのではないでしょうか。
たくさんの情報にあふれ、状況が日々変化していく中で、自分の心と体の調子を整えるのは難しくも大事なことです。コロナウィルスへの対策が長期になればなるほど、目に見えないストレスや不安とどう付き合っていけばいいのか、一層、難しく感じるかもしれません。
こんな時こそ、学生相談室に相談してみてください。心配なことや不安なことを伝えながら、こころを鎮め、今、できることを一緒に探してみましょう。
みなさんからのご連絡をお待ちしています。

コロナウィルスとこころの働きについて

危険な時、怖い時、人のこころは不安や怒り、焦りや落ち込みなど、いろいろな感情を働かせて自分の身を守ろうとします。今、あなたが感じている気持ちは、どんなものであっても自分を守るために、こころが頑張って働いてくれているのかもしれません。

自分のこころの働きを知って、自分をいたわりながら、健康を保ちましょう。

多少にかかわらずコロナウィルスの影響を受けている私たちの、こころと身体の健康を保つためには、次のようなことが必要です。
  • コロナウィルスについて正しく理解し、適切な予防を行う。
  • 自分のストレスや不安を受け止めて、自分をいたわる。
  • 無理をせず、流されず、今日できることを行っていく。
毎日、自分のこころと体の調子を観察してみましょう。深呼吸をしてリフレッシュしたり、リラックスしてこころを休めたり、意識して身体を動かしたりしてみましょう。気持ちの晴れることを見つけられるよう、いろいろと自分で試してみてください。睡眠時間をしっかり確保し、食事に気を使うことも大事ですね。うまくいかない時やどうすればいいかわからない時は、家族や友人に聞いたり、相談室を利用してみてください。

参考

利用案内

電話、メールでご予約ください。当日でも、予約のない時間は、すぐに対応できます。
開室に変更がある時は、掲示板やメール等でお知らせします。

本キャンパス 学生相談室

受付時間:月~金 9:00~17:00
相談時間:月~金 10:00~18:00
TEL(直通):072-332-1276

予約専用メールアドレス gakusou@hannan-u.ac.jp

南キャンパス 学生相談室

受付・相談時間現在閉室中

校医面談

面談日時:第2火曜日14時~15時30分(要予約)
校  医:梶本 隆哉 氏(精神科医)
※ご予約は、学生相談室に申し込んでください。なお、面談日時が変更となる場合があります。

こころの休憩室(談話室)の開放

相談室内には、開室時間中自由に利用できるこころの休憩室(談話室)があります。
休憩したい時、ゆっくり食事をしたい時(昼食をとることも可能です)、図書を閲覧したい時、みなさんの「居場所」として、是非ご利用ください。

相談できること

相談室では、学生生活の中で出会う、さまざまな悩みや問題について、専門のカウンセラーに相談することが出来ます。
  • 対人関係…友だちが出来ない、人と話をすると緊張する
  • 学業…授業の内容がわからない、発表をすることが苦手
  • 心身の健康…睡眠がうまくとれない、食事のコントロールが出来ない、イライラしやすい、不安な気持ちになる、意欲が湧いてこない、人の中にいるとどきどきしてくる
  • 性格…自分について考えてみたい
  • 職業・将来…自分の適性を知りたい、進路で迷っている
  • その他…学生生活全般について
相談の内容によっては、適切な学内の窓口や、学外の機関を紹介します。

心理テスト

もっと自分の性格について知りたい、どんな職業に向いているのか知りたいという人に、性格検査や職業興味適性検査などの心理テストを施行しています。テスト結果について、後日カウンセラーとゆっくり話すことが出来ます。

グループワーク ※現在休止中

日常生活では出来ない「体験」や新しい「出会い」のきっかけとなるような、こころの健康や癒しの手助けになるような、そんなグループワークを企画しています。内容や日時は、ポスターやチラシでお知らせします。

学生相談室つうしん

学生相談室では「学生相談室つうしん」「学生相談室のご案内」を発行し、学生や教職員の皆様に最新の情報をお届けしています。

学生相談室スタッフについて

臨床心理士の資格を持ったカウンセラーがお話を伺います。

教職員向け学内研修

2018年度 教職員対象 障害学生修学支援研修会を開催しました

開催日時

2019年2月19日(火) 13:00~14:30

当日スケジュール

  1. 本学における障害学生の現状および合理的配慮決定の流れ説明
  2. 本学の合理的配慮に関わる事例紹介
  3. 合理的配慮と障害学生修学支援に関する講演(講師:村田 淳 氏)
  4. 質疑応答

アンケート結果まとめ

開催時期、曜日、時間帯ともに、「満足」「やや満足」という回答が多数を占めた。
村田先生の講演内容に関する意見・感想では、合理的配慮への考え方・捉え方の理解が深まったという感想が多く寄せられ、合理的配慮と、平等性・公平性または教育的配慮との違いなどの知見に関する感想も寄せられた。その他、関係書類の整備や、本学における合理的配慮のルール設定の必要性など、体制づくりに関連する声も寄せられた。
研修会への今後の要望に関しては、こういった研修会にもっと多くの教職員が参加してほしいと
いう意見や、次回開催時には実践的で具体的な内容・事例紹介とその対処法についての研修を開催
してほしいとの要望もありました。

2017年度教職員対象障がい学生修学支援研修報告会を開催しました

2018年3月13日(火)、教職員を対象として、障がい学生修学支援や合理的配慮に関する研修会で得られた情報をまとめた報告会を行いました。
また、学生相談室カウンセラーによる事例提供をもとに、本学で合理的配慮が認められるまでの流れを説明しました。
最後に、教員、事務職員から多数のご意見・ご質問をいただき、終了しました。

2016年度教職員対象障がい支援に関する講演会を開催しました

学生生活支援 コンテンツ