障がい学生支援

阪南大学では、学生のみなさんが学生生活や講義・試験を受ける上で困っていることについて、支援の申請があった場合に、学生相談室や教職員、関係部局と連携し、それぞれの方が望む学びの環境や大学生活、職業生活が送れるようなサポートを一緒に考えていきます。窓口は学生相談室内にございます。

もし、こんなことで困ったら…

  • 講義や試験を受ける際、周りが気になって集中できない
  • 文章や文字の読み書きが苦手で、課題を解くのに時間がかかる
  • グループワークがどうしても苦手で、困っている
  • 移動に時間がかかり、授業に遅刻する可能性がある
  • 授業を受けたいが、物理的に難しいことがある
  • 性について気になっていることがある
こんな時、できるだけスムーズに、ストレスなく学生生活が送れるような方法を、「障がい学生修学支援コーディネーター」が一緒に考えます。

合理的配慮について

学校における合理的配慮とは、障がいのある学生が教育を受ける上で生じる障壁を除去するために必要な、変更及び調整のことを言います。その実施にあたっては学生や教職員に過度な負担がない範囲で、特定の場面において個別に必要とされるものです。法律によって対応が求められています。

支援の対象

本学に在籍されている学生で、身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、その他の心身の機能の障害があり、障害及び社会的障壁によって生活に相当な制限を受けている状態にある方。
ただし、障害の有無に関係なく、お困りの際は気軽にご相談ください。

合理的配慮の例

座席指定の配慮、板書の写真撮影、グループワークのサポート、講義・試験でのパソコン持ち込み許可、講義資料データの提供、課題についての相談、試験時間の延長、別室での試験受験、居場所の提供、時間割・スケジュール管理のサポート、履修選択について相談、就職活動についての相談 等

相談・合理的配慮の流れ

教職員の方へ

授業の中で、こんなことを感じることはありませんか?
  • 指示がうまく伝わらない
  • 学生は真面目に取り組んでいるようだが、結果や成績が伴わない
  • 悪気はないようだが、その場にそぐわない発言をする
学生と教職員の双方が円滑にコミュニケーションできるよう、サポートいたします。お気軽にご相談ください。また、下記の資料もご参照ください。

利用案内

本キャンパス 学生相談室

受付・相談時間:月~金 9:00~17:00(授業期間中10:00~18:00)
TEL(直通):072-332-1276
予約専用メールアドレス :gakusou@hannan-u.ac.jp
メールでお問い合わせ

阪南大学 障がいのある学生支援に関する基本方針

教職員向け学内研修

2018年度 教職員対象 障害学生修学支援研修会を開催しました

開催日時

2019年2月19日(火) 13:00~14:30

当日スケジュール

  1. 本学における障害学生の現状および合理的配慮決定の流れ説明
  2. 本学の合理的配慮に関わる事例紹介
  3. 合理的配慮と障害学生修学支援に関する講演(講師:村田 淳 氏)
  4. 質疑応答

アンケート結果まとめ

開催時期、曜日、時間帯ともに、「満足」「やや満足」という回答が多数を占めた。
村田先生の講演内容に関する意見・感想では、合理的配慮への考え方・捉え方の理解が深まったという感想が多く寄せられ、合理的配慮と、平等性・公平性または教育的配慮との違いなどの知見に関する感想も寄せられた。その他、関係書類の整備や、本学における合理的配慮のルール設定の必要性など、体制づくりに関連する声も寄せられた。
研修会への今後の要望に関しては、こういった研修会にもっと多くの教職員が参加してほしいと
いう意見や、次回開催時には実践的で具体的な内容・事例紹介とその対処法についての研修を開催
してほしいとの要望もありました。

2017年度教職員対象障がい学生修学支援研修報告会を開催しました

2018年3月13日(火)、教職員を対象として、障がい学生修学支援や合理的配慮に関する研修会で得られた情報をまとめた報告会を行いました。
また、学生相談室カウンセラーによる事例提供をもとに、本学で合理的配慮が認められるまでの流れを説明しました。
最後に、教員、事務職員から多数のご意見・ご質問をいただき、終了しました。

2016年度教職員対象障がい支援に関する講演会を開催しました

学生相談室 コンテンツ