学部の教育目標と3つのポリシー

経営情報学部の教育目的

複雑・高度化する企業経営の知識と情報システムの利用技術を兼ね備え、情報化する企業と国際社会で活躍できる人間性豊かな人材の育成

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 阪南大学経営情報学部は、阪南大学ディプロマ・ポリシーを前提として、複雑に情報要素の絡んだ現代の経営環境を理解し,適確にビジネスを遂行することのできる能力を身につけた学生、あるいは新たなビジネスフロンティアを開拓できる能力を身につけた学生に学位を授与する。そのためには以下の基本要件に加え、具体的要件のいずれかを満たす必要がある。

基本的要件

知識・理解

  1. 経営管理に関する知識
    複雑化高度化した経営環境に即応した事業運営を行うために必要な、人事や財務などの基本的な知識を修得している。
  2. 国際ビジネス・eビジネスに関する知識
    国内のビジネスにとどまらず国際ビジネスやeビジネスを遂行するために必要とされる基本的な知識を修得している。
  3. 情報システムやマルチメディアに関する知識
    高度情報化社会を牽引するのに必要な、情報システムやマルチメディアを利用するための基本的な知識を修得している。

態度・志向性

  1. 新分野への関心と自己表現
    新しいビジネスに関心を持ち、明確な自己表現ができる。
  2. 主体性と協働
    幅広い教養と豊かな人間性を身につけ、主体性を持っていろいろな人々と協働できる。

具体的要件

知識・技能

  1. 事業の運営能力・起業能力
    事業の運営を担う知識を修得しており、企業において与えられた役割を担える能力、もしくは自ら起業する能力を有する。
  2. 分析力
    企業分析を通じ、経営戦略に関してなんらかの提案を行う能力を有する。
  3. 情報活用能力
    インターネットを活用して情報を収集し、ビジネスに活用する能力を有する。
  4. システムもしくはコンテンツの構築力
    情報技術を駆使し、システムを構築する能力あるいはコンテンツを制作する能力を有する。
  5. 社会問題の分析力
    社会の問題・課題を主体的に把握し分析する能力を有する。
  6. 自己表現力
    資格取得や社会活動などを通じて自己実現が可能である。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

 本学部の4つのアドミッション・ポリシーを踏まえ、学部の目的である「複雑に情報要素の絡んだ現代の経営環境を理解し,適確にビジネスを遂行することのできる能力」あるいは「新たなビジネスフロンティアを開拓できる能力」を育成するために、以下のカリキュラムを設置する。

 ディプロマ・ポリシーで示す学位認定の基本要件(知識・理解の3要件と態度・志向性の2要件)と6つの具体的要件を満たす教育を実施するために、学科科目は、コース共通科目(幅広い教養と豊かな人間性を身につけ、主体性を持っていろいろな人々と協働できる能力の育成)を基礎に6つの分野からなる3コースの学科科目を設定する。3コースは連携し、相互に補完しあう体制を組む。各分野ともに5段階難易度を付した入門科目、専門科目、実践科目を設定する。
コース 分野
経営・会計
企業・経営
会計・財務
マーケティング・eビジネス
統計・マーケティング
グローバル・eビジネス
マルチメディア・情報システム マルチメディア・ネットワーク
情報システム・プログラミング
(情第1表)

① 各コース共通

 経営と情報の基礎を学び、産業社会への関心を高め、論理的、数量的思考を培う科目を提供する。
 また、チャレンジ精神やコミュニケーション能力、積極性を培い、明確な自己表現ができる人間性豊かな人材を育成する科目を提供する。ディプロマ・ポリシーの基本要件すべてと、具体的要件の「(5) 社会の問題・課題を主体的に把握し分析する能力を有する」と「(6) 資格取得や社会活動などを通じて自己実現が可能である」を満たすことができる。
 そのために、コース共通の入門科目として「経営学入門」「IT入門」「基礎数学」等を設置し、また、「ビジネスデータ分析1」「ビジネスデータ分析2」「専門演習入門」「専門演習1」「専門演習2」等を設置する。

② 経営・会計コース

 企業・経営分野と会計・財務分野の2分野があり、労務や財務など経営管理また企業の仕組と理論を学び、企業経営の実践的知識や会計情報の実践的活用の学びを提供する。ディプロマ・ポリシーの具体的要件の「(1)事業の運営を担う知識を修得しており,企業において与えられた役割を担える能力,もしくは自ら起業する能力を有する」と「(2) 企業分析を通じ、経営戦略に関してなんらかの提案を行う能力を有する」を満たすことができる。
 入門科目として「簿記・会計学入門」等を設置し、専門科目は「経営学」や「企業分析論」等を設置する。実践力を身につけるために「経営実践講座」「マネジメントゲーム」等の実践科目を設置する。

③ マーケティング・eビジネスコース

 統計・マーケティング分野とグローバル・eビジネス分野の2分野があり、データを使った統計分析や経営戦略策定、国際ビジネス・eビジネスの理論を学び、グローバルマーケティングの実践的な学びを提供する。ディプロマ・ポリシー具体的要件の 「(2) 企業分析を通じ、経営戦略に関してなんらかの提案を行う能力を有する」と「(3) インターネットを活用して情報を収集し、ビジネスに活用する能力を有する」を満たすことができる。
 入門科目として「マーケティング・eコマース入門」等を設置し、専門科目は「マーケティング論」、「eビジネス論」等を設置する。実践力を身につけるために「インターネット・エコノミー」等を設置する。

④ マルチメディア・情報システムコース

 マルチメディア・ネットワーク分野と情報システム・プログラミング分野の2分野があり、マルチメディアと情報システムの理論を学び、プログラミングやシステム制作の実践の学びを提供する。ディプロマ・ポリシーの具体的要件の「(3) インターネットを活用して情報を収集し、ビジネスに活用する能力を有する」と「(4) 情報技術を駆使し、システムを構築する能力あるいはコンテンツを制作する能力を有する」を満たすことができる。
 入門科目として、「マルチメディア入門」等を設置し、専門科目として、高度な情報技術を獲得する「システム開発論」「ネットワーク論」等を設置する。実践力を身につけるために「データベース演習」「ゲーム制作」等の実践科目を設置する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

阪南大学経営情報学部は、建学の精神およびミッションステートメントに則り、阪南大学アドミッション・ポリシーを前提として、次に掲げる人の入学を希望する。
  1. 将来、企業の経営や店舗の運営を行うことを目指す人
  2. 国内外の企業において、インターネットを駆使して活躍しようとする人
  3. 情報分野や経営・会計分野でのエキスパートを目指す人
  4. 新たなビジネスに挑戦しようとする人
そのため、阪南大学アドミッション・ポリシーに沿って、次に掲げる入学者選抜を行う。

AO入試(専願)

 AO入試では、与えられた課題に対するプレゼンテーション、グループ討議、もしくは論理的思考能力を問う問題と、提出書類・面接によって、知識・思考力・表現力・主体性を審査し、入学後の伸びしろや他の人々とともに主体性をもって学ぶことができるかどうかを評価する。

推薦入試

①指定校推薦入試(専願)

 指定校推薦入試においては、高等学校との信頼関係を基本として学力試験を免除し、提出書類と面接によって評価・選抜を行う。
 提出書類では、本学部での学びに必要な学力、高等学校での学習進度、生活態度、人物等の適性を審査し、面接においては本学部への本学部での学びに対する関心・意欲・態度といった目的意識、ならびに自分の考えをまとめ表現できる思考力・判断力・表現力等を審査する。
 また、これまでに取得したビジネスや情報関連の資格、高等学校における学修状況など、技能や学修態度も評価の対象とする。

②女子学生特別入試(専願)

 女子学生特別入試においては、社会で活躍するために自身のキャリアアップを積極的にはかることができる女子学生を育成するという本入試の趣旨が理解できているか、入学後実際にどのようなことがしたいのかを中心に、提出書類と面接によって、目的意識・思考力・表現力・熱意・本学部への適性を審査する。

③スポーツ・文化推薦入試(専願)

 スポーツ・文化推薦入試では、阪南大学アドミッション・ポリシーに定める出願資格を持ち、かつ本学部への入学を強く希望する人を対象に、提出書類・面接によって知識・思考力・表現力・主体性を審査し、入学後の伸びしろや他の人々とともに主体性をもって学ぶことができるかどうかを評価する。

④スポーツ特別推薦入試(専願)

 スポーツ特熱推薦入試では、阪南大学アドミッション・ポリシーに定める出願資格を持ち、かつ本学部への入学を強く希望する人を対象に、提出書類・面接によって知識・思考力・表現力・主体性を審査し、入学後の伸びしろや他の人々とともに主体性をもって学ぶことができるかどうかを評価する。

⑤公募制推薦入試(併願)

 公募制推薦入試においては、基礎能学力試験と調査書等の提出書類及び高校在学中に取得した資格によって総合的に評価・選抜する。基礎学力試験では、本学部での学びに足る国語力に加えて、国際的な情報の受発信に必要な英語力、もしくは論理的思考の基礎となり各種ビジネス統計に必要とされる数学の能力、さらに複雑化高度化する現代社会を理解する社会科の能力など、主として知識・技能を問う試験を行う。

一般入試

①一般入試(前期・後期)

 一般入試では学力試験による評価・前罰を行う。本学部での学びに足る国語力に加えて、国際的な情報の受発信に必要な英語力、もしくは論理的思考の基礎となり各種ビジネス統計に必要とされる数学の能力、さらに複雑化高度化する現代社会を理解する社会科の能力など、主として知識・技能を問う試験を行う。

②センター試験利用入試(前期・後期)

 センター試験利用入試においては、本学部独自の試験は行わず、大学入試センター試験受験生のうち本学部への入学を希望する者の中から、本学部への入学に足る学力を有するものを選抜する。

経営情報学部 経営情報学科 コンテンツ