2018.7.30

流通学部プレゼミでフィールド・リサーチ〜まつばらWalkの課題報告会を実施

 流通学部の初年次教育のひとつであるプレゼミにおいて、フィールド・リサーチ~まつばらWalkを実施しました。まつばらWalkとは、松原市にある企業等に訪問し、お話を伺うことで阪南大学のある松原市のことを新入生に知ってもらおうとする企画です。今年度で6回目の実施となります。
 まつばらWalkはただ訪問して終わりの企画ではありません。訪問に先立って訪問先の企業等の事前学習を実施します。その後、企業等へ訪問し、お話を聞いたり質問をすることで理解を深め、テーマに基づいて課題報告会を実施します。各コースに課題が与えられますので、KJ法などの方法を用いてクラスの意見を集約するなどして、報告内容を作成します。事前学習から発表まで6週間にわたって実施される一大イベントです。
 今回のまつばらWalkは、布忍神社、河内鴨のツムラ本店、スポーツパークまつばら、幸南食糧の4コースに分かれて訪問しました。

課題報告会の結果

それぞれのコースに与えられた課題は以下のとおりです。各クラスはこの課題を解決するための報告を行いました。
6月11日および13日にそれぞれのクラスの課題報告会が開催されました。その結果は以下のとおりです。

各コースの訪問結果は以下のページをご覧ください