2019.3.23

阪南大学サッカー部、新シーズン開幕直前インタビュー特集 Vol.04

本特集では2019年3月2日から3月30日まで全5回(週1回)で、①2018年度キャプテン大野佑哉選手、②新キャプテン名良橋拓真選手、③新3年生山口拓真選手、④新2年生江口稜馬選手、⑤須佐徹太郎監督のインタビューをお届けします。

第4回:江口稜馬選手

本特集第4回目は、新2年生の江口稜馬選手です。江口選手も前回の山口選手と同様、新キャプテンの名良橋選手からも注目されている期待の選手です。「2019年シーズンは結果にこだわって戦っていきたい」と語っていた江口選手。新2年生としての目標もお話ししてくださいました。(このインタビューは2019年2月2日に行われたものです)。
-まず初めに2018年シーズンの感想をお聞かせください。
昨年は勝てなかったという印象が強いです。簡単にはいかないのだな、ということを思い知らされたシーズンでした。また、スタメンに定着できなかったので「スタメンを取らないと」という意識が強くなったシーズンでもありましたし、「悪い流れをどう乗り越えていかないといけないのか」と考えるシーズンにもなりました。

-2019年シーズンはどんな風に活躍していきたいですか
チームとしては、タイトルを狙っていきたいですね。個人としては、今年1年を価値のある1年にしていきたいと思っています。数字的な目標としては、10アシストを目標に活躍していきたいです。

-名良橋選手が期待する新3年生に名前が挙がりましたが、どう感じましたか。そしてその期待にどのように応えていきたいですか。
自分なりに、ちゃんと期待に応えたいなと思います。昨年は、思ったように自分を出してプレーすることができなかったので、今年はもっと自分を出してプレーをして、期待に応えていきたいです。

-2019年シーズン、名良橋選手は「規律を大切にしたい」とおっしゃっていましたがそれに対してはどのように思われますか。
ちゃんと守っていったほうがいいと思います。サッカーを中心にして、学校生活の規律も守っていけたらなと思います。決められたルールは、しっかり守っていけるよう努力していきたいです。

-では、自分の持ち味を生かしてチーム内でどんな役割を担っていきたいですか。
チームの要となるポジションなので、ゲームコントロールをしっかりした上で、点を取れるようになっていきたいです。また、いいパスをもっと前に出して、勝利に関われるプレーをして、チームに貢献していきたいです。

-最後に2019年シーズンへの意気込みをお聞かせください。
2、3年生の時期が1番大事だと考えているので、今まで以上に存在価値を示していけるようなプレーをしていきたいと思っています。チームの絶対的な存在になれるよう、努力していける1年にしていきたいです。試合をコントロールして、チームを勝利に導けるプレイヤーになれるよう頑張っていきたいです。


文・西山あや音(流通学部2年生)

江口稜馬選手の1問1答

1 サッカー以外にやってみたいこと 無し。サッカー一筋だから。
2 好きな食べ物 クリームシチュー
3 嫌いな食べ物 無し
4 サッカー以外の大学生活で好きなこと TVゲーム。UFCという格闘ゲームが好き。
5 好きなサッカー選手 ジョルジーニョ
6 その理由は 慌てないから
7 こういう風にはなりたくないサッカー選手像 ぶつぶつ言う人
8 その理由 自分に直接言えばいいのにと思うから。
9 今までの人生で1番辛かったこと 高3の時選手権に出られなかったこと
10 今までの人生で1番嬉しかったこと 高2の時、滋賀県で優勝したこと

江口稜馬選手 プロフィール

出身チーム 野洲高
ポジション MF
生年月日 1997-10-22
身長/体重 160cm/55kg

バックナンバーはこちら