2023.6.26

経済学部「大学入門演習」ゲストによる特別授業を実施しました

経済学部の1年生対象のゼミにあたる「大学入門演習」では、早期からキャリアについて考える機会を持ってもらうために、植村教授担当のクラスでは現役公務員の方を、今城准教授担当のクラスでは現役金融マンの方をゲストとしてお招きした特別授業が実施されました。

2023年6月13日(火)1限・2限の植村クラスでは、本学と2022年8月に包括連携協定を締結しました大阪府八尾市役所から政策企画部広報・公民連携課係長の松﨑浩幸氏をゲスト講師としてお迎えし、「公務員の仕事」というタイトルでお話しいただきました。
最初の自己紹介では、八尾市役所に入庁するまでの歩みを振り返りながらお話が進められ、実際の市役所の仕事内容については、ご自身の働き方と重ねてわかりやすくお話しいただきました。今回のお話を伺い、公務員という仕事について、より具体的なイメージを持つことができるようになる貴重な機会となりました。
続いて、2023年6月20日(火)1限の今城クラスでは、地域金融機関である大阪シティ信用金庫から総務部広報室次長の吉成良輔氏と企業支援部主任の姫野卓也氏をゲスト講師としてお迎えしました。はじめに吉成氏より、「地域を元気に!世の中を支える金融のしくみ」というタイトルで、大阪シティ信用金庫の歴史を辿りながらの企業紹介から始まり、金融機関の役割とは何か、さらに実際の仕事内容に至るまで、わかりやすくご紹介いただきました。
続いて姫野氏より、さらに金融機関での仕事内容についてイメージを具体化させるために、「金融機関の仕事の多様性について」というタイトルで、ご自身の働き方と重ねてわかりやすくお話しいただきました。姫野氏は本学の卒業生であり、社会人として活躍する先輩と直接交流することができ、金融機関に対する理解を深めることと共に大変貴重な機会となりました。
ご協力いただきましたゲストの皆様方に感謝申し上げます。阪南大学経済学部では、今後も特色ある教育を推進していきます。