2020.10.20

「海外インターンシップの魅力を発信しよう」⑬

海外インターンシップに行こう( ^)o(^ )

 今回私たちは、二週間ルワンダへインターンシップに参加された神戸外国語大学の2年生の西尾なるみさんに話を伺いました。

なぜ海外インターンシップ(ルワンダ)に行こうと思ったのですか

 大学生活の中で何かに挑戦したいと思っていました。その時古田さんに大学で海外インターンシップの魅力や、ビジネス系のインターンシップがルワンダで開催されていると知り興味を持ちました。元々アフリカや海外ボランティアに関心があった事や、ビジネス関連の授業を受講していた事から参加しようと決意しました。

どういった内容のインターンシップに参加しましたか

 スタディーツアー型といって、毎日違う企業を見学するインターンシップでした。訪問した企業は全て新規企業を開拓している会社でした。企業見学だけでなく、自分たちが日本から考えてきた企画を発表して、それが実際に成功するのか現地の人に見てもらうといった時間もありました。

インターンシップに参加する前に準備した事はありますか?また、参加してみて実際に準備しとけば良かったと思うことはありますか?

 病気の予防対策で注射は打って行きました。本を読んで英語やビジネスについての勉強を事前にしていました。
 参加してみて文化の違いで戸惑ってしまい、リサーチをして相手の国の事を良く知っておけばよかったと思いました。

1番苦労した事はありますか?

 はっきりと自分の意見が言えなかったことです。ルワンダ人はポジティブでチャレンジ精神が旺盛な方がとても多く、積極的に発信できない私からすると大変苦労しました。

インターンシップに参加する前と参加した後の心境の変化はありますか?

 一番変わった事は日常の中でビジネス的な視点で物事を考えられる様になった事です。また、今まで大学生活で漠然とした目標しかなかった事に対し、参加した後では小さな目標をたくさん見つけてそれに対して解決する思考を持てた事も自分の中では変わりました。

インターンシップに参加しようと思っている方にメッセージお願いします。

 普段の大学生活ではなく、違う環境で生活することで気付けなかった幅広い世代の方々との繋がりを持つことができます。それによって思考の幅が広がりました。インターンシップを終えて、普段の大学生活で小さな課題を解決することで充実しました。インターンシップに参加することで得られるものが多いので、迷っている方は、是非参加してみてください!!

インタビューを終えての感想

 西尾さんの話を聞き、もちろん目標をもっている人や、目標が見つかっていない人にも海外インターンシップに行く事をオススメできますが、西尾さんの様に将来何をしたいかはぼんやりと見えているけど今何をすべきかが分からない人にもオススメできるなと思いました。なので、自分を成長させたい、目標を見つけたい、海外で働いて見たい等、どんな些細なきっかけでも何か見つかるかもしれないので、少しでも海外インターンシップに興味を持っている人は是非、自分に合ったインターンシップを選んで参加してみて欲しいなと思いました。

取材日 2019年11月27日 森 梓、杉岡 舞音 (阪南大学経済学部三木ゼミ3年生)

<担当教員追記>

このインタビューは2019年11月に実施されましたが、コロナ禍により編集会議がなかなか実施できず、このタイミングでの公開となりました。また、今では海外インターンシップに参加する以前に、プログラムとしての実施が難しい状況ですが、いつかまた気軽に海外に行ける日が来ること、その際にはこのインタビュー内容を参考にしてもらえることを願っています。