金子 良事

プロフィール

経済学部 経済学科

金子 良事 (カネコ リョウジ)

高校の英作文の試験のときに、東京から大阪までの道を外国人に聞かれて英語で答えるという問題が出題されました。私は一番後ろの席だったので、答案を回収する役だったのですが、私の二つ前の友人は、普通の字でも6~7行くらいは書けるその答案にマスいっぱいに大きく「Take it Easy!」(気楽にいこうぜ!)とだけ書いていました。私は部分点を狙って分かるところだけでもと思って書いていたので、ガツンと負けたと感じたことを今では懐かしく思い出します。彼はもちろん大きなバツをもらっていました。その後、様々なことを勉強してきましたが、結局、この言葉が生きていく上では一番大事なことでした。みなさんに送る言葉としてもこれ以上のものはないと思います。Take it Easy!

職名 准教授
出身地 神奈川県大和市
出身校 東京大学大学院経済学研究科企業・市場コース
学位 博士(経済学)
担当科目 社会政策
研究テーマ
  • 社会政策史、労働史
主要業績
  • 『日本の賃金を歴史から考える』(旬報社,2013年)
  • 「戦時「人口政策」の水脈」法政大学大原社会問題研究所・榎一江編『戦時期の労働と生活』(法政大学出版会,2018年)
  • 「工場委員会から産業報国会へ:企業別組合生成の論理」(『大原社会問題研究所雑誌』664号,2014年)
  • 「戦時賃金統制における賃金制度」(『経済志林』80巻4号,2013年3月)
  • 「日本における社会政策の概念について」(『社会政策』2巻2号,2010年12月)等
                        

※その他の研究業績については、下記「researchmap」(国立研究開発法人科学技術振興機構)で公開している研究ページをご覧ください。

researchmap