2020.1.7

大丸梅田店新感覚ゾーン「MICHIKAKE」見学とミーティング参加

活動テーマ:大丸梅田店のフロア改装実施後のフォローアップ活動に参画し、改装後のさらなる売り場活性化及び、次のステップへの企画提案を学生目線で検討し、提案する
産学連携先:大丸梅田店


 森下ゼミ2回生のキャリアゼミ活動の中間報告です。
 インバウンドの旺盛な需要に支えられて、一息ついている百貨店業界ですが、日本人客の百貨店離れの傾向にはますます拍車がかかっており、従来のビジネスモデルでは早晩立ち行かなくなる恐れが十分にあるのが現状です。
 そこで森下ゼミでは、大丸梅田店と共同で、同店が新感覚ゾーンとして百貨店としては意欲的な売り場展開に乗りだした「michikake」の誕生に合わせ、競合店の売り場展開や、今後の「都心消費」の在り方を含めてトータルな学生目線での提案を行うことになりました。今回は、その中間報告を売り場見学と合わせて実施しました。

学生活動状況報告

 私たち森下ゼミ2期生は、大丸梅田店さんとコラボレーションし、百貨店売り場の将来像を研究しています。
 今日は、先月オープンしたばかりの新感覚ゾーン「michikake」の見学をさせていただきました。オープン以来、様々なメディアで取り上げられており、ご存知の方も多いと思います。
 この売り場は、女性の生理現象という今まで百貨店ではなかなか取り上げられなかったテーマで様々な商品・サービスを展開する意欲的な取り組みになっています。売り場では、実際に様々なサービスの体験もさせていただき、この売り場のポテンシャルの高さを実感しました。
 その後、会議室で開発担当者の方から説明を受け、私たちも様々な質問を投げかけて、マーケティングやMD政策の学びを深めたところです。
 この後、年明けにこの売り場の評価・課題・そして改善点の提案を行います。ゼミでのグループワークで、よい提案ができるように頑張ります。

流通学部 2年生 森川 瑞季

ゼミ集合写真

参加学生一覧

末崎 玲奈、平野 良親、水島 稜香、森川 瑞季、安部 駿佑、飯田 拓也、加藤 花、木谷 虎太、日下 あんじ、栗山 つぐみ、鶴山 陽香、平尾 凛、堀田 菜々、三宅 晶大、森 華穂、山下 弘人、米原 隆太