2018.12.6

阪南大学模擬国連(HUMUN)2018初開催 阪南大学から100人が参加!

2018年11月16日 (金) - 18日 (日) (金: 17:00-21:00/ 土/日09:00-21:00) の計3日間、50周年記念館 3階、2階スチューデントコモンズにて、最大参加者100名程度の阪南大学模擬国連(HUMUN)を開催しました。
約100名の参加者は、国連のように議長や各国の代表、または記者といった役割を担い、テーマについて議論を繰り広げ、導いた解決策は英語でプレゼンテーションを行いました。

プログラム

テーマ:
「Sustainable Development Goal (SDG) #5: Gender Equality:
ジェンダー平等を達成し、全ての女性及び女児の能力強化を行う」

  • 阪南大学模擬国連(HUMUN)とは、阪南大学生(Hannan University)が企画する模擬国連(Model United Nations)で、一般的な模擬国連と同様に、国連さながらの会議ロールプレイングを行うイベントで、アカデミックなトピックについて議論を行います。
  • HUMUNの参加学生は、スピーチ、グループワークでのディスカッション、グループプレゼンテーションをます。HUMUN独自の特徴としては、レゴRシリアスプレイRをディスカッションに利用しより発言力を高められる点にあります。
  • 会議の最後には、より積極的な発言や議論への参加が認められた。

活動内容

• レゴ®シリアスプレイ®
• スピーチ
• グループワーク
• プレゼンテーション
Meeting Room #1 : (日本語)
Economic Gender Inequality in Developed Nations

Meeting Room #2 : 日本語/英語
Gender Inequality and Violence Against Women and Girls in Asia and Middle Eastern Nations

Meeting Room #3 : 英語
Security Council

Meeting Room #4 : 日本語/英語
Gender Discrimination in African Nations
LEGO® SERIOUS PLAY®

実施規模

• 最大100名程度
• 開催期間は3日間
• ワクワクする環境
「発信力」を培い、価値観を共有できる貴重な「学生交流の場」。

Mark Sheehan, 教授、 国際コミュニケーション学部
HUMUN レゴ®シリアスプレイ®ファシリテーターからの感想

I am so proud of all the students who took part in HUMUN 2018. It was an amazing event that had many great accomplishments. There were four meeting rooms, journalists, planning teams, PR teams, and delegate support teams. The students all worked so hard to do their best in their assigned roles. They also helped each other when they needed support. The delegates did a great job discussing complex problems and arriving at solutions. The Room Chairs did a heroic job of managing the room flow and supporting the delegates so that they could achieve their personal, and conference goals. I will have great memories for my lifetime after being part of HUMUN 2018. Thank you for everything.

阪南大学模擬国連 2018 Digest

カメラマン/動画編集者: 梅原 大輝 (国際コミュニケーション学部 4回生)  & 大谷 航太 (国際観光学部 1回生) 
Photo Credits: HUMUN 2018 Journalists