2017.11.22

阪南大学、富士通のシステムを活用した新たな入学前教育を実施

 阪南大学(本校所在地:大阪府松原市、学長:井上 博)は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)と共同で、全国の大学に先駆けて、専願制入試での入学予定者の保護者が、入学予定者の入学前教育の学習状況を把握できる新たなサービスを開始いたします。

 阪南大学では、優秀な学士輩出には入学前からのケアが重要と考え、従来より、入学後の学生生活がスムーズに開始できるようにすることを目的に、入学前オリエンテーションおよび入学前教育を実施してきました。特に、入学前教育では、富士通グループの学習管理システム「KnowledgeC@fe(ナレッジカフェ)」(注1)を活用して、入学予定者の学習進捗状況や理解度をタイムリーに把握し的確なアドバイスが行える、eラーニングによる入学前教育サービスを2016年度から提供しています。
 今回、「KnowledgeC@fe」に、保護者が入学予定者の学習状況や学力診断テストの結果をいつでも確認可能にするとともに、状況に応じた大学からの適切な学習アドバイスを両者がメールで受信できる機能を新たに追加し、本格的に運用を開始します。
 これにより、大学・保護者・入学予定者が三位一体となった効果の高い入学前教育を実現し、入学時より効率よく学習を進めることができます。また、保護者は、入学前教育の情報を継承した保護者専用ポータルから、入学後も入学者の履修状況、成績、授業の出席状況などを確認できるため、大学生活全般を適切にサポートできます。

概要

(1) 入学前オリエンテーションおよび入学前教育の日程
  2017年11月25日(土曜日):入学前オリエンテーション実施日
  2017年12月1日(金曜日) :入学前教育(eラーニング)開始
              入学前教育(eラーニング)保護者向けサービス開始
  2018年3月26日(月曜日) :入学前教育(eラーニング)終了

(2)対象者
  専願制入試での2018年入学予定者とその保護者

(3)保護者向け機能
 ・入学前教育(eラーニング)の実施状況をWEBシステムにてリアルタイムで閲覧
 ・学習前後に実施する学力判定テストの結果の閲覧
 ・大学からの学習状況に応じた学習のフォローアップメールを定期送信
  -学習状況が芳しくない場合は、学習を促すメールを送信
  -学習が順調に行われている場合は、激励メールを送信

(4)入学後の機能
 保護者専用ポータルサイトへ情報を引き継ぎ、入学後も保護者向けの情報提供サービスを実施
  • 図.受講履歴の画面イメージ

商標について

掲載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連サイト

注釈

(注1)「KnowledgeC@fe」:株式会社富士通ラーニングメディア(本社:東京都港区、代表取締役社長:青山昌裕)がクラウドサービスとして提供する学習管理システム。
以上