2023.10.6

経済学部中西ゼミ学生のSDGs地域活性化の取組が八尾市市民活動支援基金事業に採択されました

産官学連携事業として地元松原市をはじめ、八尾市、富田林市、泉大津市、太子町等各地で地域活性化、SDGs推進の活動を行っている経済学部中西ゼミの学生の取組が、令和5年度八尾市市民活動支援基金事業助成金事業の「SDGsチャレンジコース」に採択され、その取り組みに対し八尾市から助成金が交付されることが決まりました。
この制度は、SDGsの目標達成に貢献したい5名以上の若者グループを対象に未来のまちづくりの主体者を育て、SDGsの推進に貢献する若者の活動を支援することを目的に八尾市が実施するもので、その活動で発生する経費について助成金が支給されます。
8月19日(日)に八尾市役所で行われた申請団体による審査会で、中西ゼミの学生で構成されるグループ「Close the Loop」の代表者の経済学部4年次生の藤村世夏さんは、八尾市内での古着屋等チャレンジショップの活動実績を活かし、八尾市内のイベントや施設でのSDGs の目標達成に向けた地域活性化の取組についてプレゼンテーションを行い、審査の結果採択となりました。今後、八尾市内において地域活性化の促進を図り、SDGsへの貢献がますます期待されます。