2018.11.22

グローバルビジネス研究会2018(第7回)「社会人海外インターンシップの活用」セミナー

 経済のグローバル化がますます進む中、大企業・中小企業に関わらずグローバル人材の育成が喫緊の課題となっています。しかしながら、グローバル人材を社内で育成する余裕がない、新たな海外市場に打って出るためのノウハウや知見が社内にない、あるいはそもそも社内に海外関連部門がない、等の理由でグローバル人材の育成が困難であるケースが散見されます。
 そのような企業においては、企業派遣での研修という形で「社会人海外インターンシップ」を活用し、社員をグローバル人材に育成するという方法が考えられます。また、キャリアアップを目指す若手社会人が、その手段として社会人海外インターンシップを活用するケースも見られます。今回の研究会では、社会人海外インターンシップを活用することのメリットを中心に、海外インターンシップ生の受入・派遣経験が豊富な講師をお招きしお話をいただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

内 容

1.社員向け海外インターンシッププログラムの導入のメリットについて

1)派遣元企業のメリットと活用方法
2)受入側企業のメリット
3)期待される「グローバル人材への成長」効果
4)派遣事例紹介
講師:ジェイ エイ シー リクルートメント 大阪支店 海外進出支援室
マネージャー 加藤 将司 氏(前:JAC Recruitment Vietnam Managing Director)

略歴:上海師範大学卒業後、大手情報サービス会社を経て、一貫してベトナム人材の紹介や採用&育成に関わり、今年で17年目。2005年にベトナムで求人媒体の立ち上げ、2008年にベトナム人留学生紹介事業立ち上げなどを経て、2012年12月より、JAC Recruitment VietnamのManaging Director、2018年5月より現職

2.「社会人海外インターンシップ」の魅力について

講師:タイガーモブ株式会社 海外インターンシップ事業 統括
古田 佳苗 氏

略歴:神戸大学発達科学部卒。大学時代から主にアジア新興国中心に学生を海外に送り出す、海外インターンシップ事業を運営。2015年6月に株式会社ジョブウェブの海外インターンシップサービス(AJITORA)事業にジョイン。2016年4月、菊地代表と共にタイガーモブ株式会社を創業。アジア・アフリカ・中東の海外インターンシッププログラムの企画〜運営までを担い、自身もバックパッカー営業を現地で実施。これまで累計1500名以上の学生〜若手社会人を海外インターンシップに送り出す。海外に挑戦する人が集まる方々のコミュニテイ創りに日々奮闘中。

3.阪南大学主催 社会人ベトナムインターンシップのご案内

4.質疑応答・名刺交換会

日 時

2019年1月15日(火) 15:30~17:30(受付開始15:00)

会 場

阪南大学あべのハルカスキャンパス(あべのハルカス23F)
(最寄り駅)JR/地下鉄天王寺駅、近鉄阿部野橋駅

参 加 費

無料(定員30名)

主 催

阪南大学中小企業ベンチャー支援センター

共 催

株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント、タイガーモブ株式会社、大阪府、公益財団法人大阪産業振興機構

協 力

大阪・海外市場プロモーション事業推進協議会

申込 / 問合せ先

阪南大学学長室社会連携課 宛(申込締切:1月14日(月))
(FAX)06-6654-5580/(電子メール)renkei@office.hannan-u.ac.jp

お申し込み詳細、お申し込み用紙はこちら