2009.7.16

経済学部矢倉研二郎准教授が第25回「大平正芳記念賞」を受賞しました

本学 経済学部矢倉研二郎准教授の阪南大学叢書「カンボジアの農村の貧困と格差拡大」が「環太平洋連帯構想」の発展に貢献する政治・経済・文化・科学技術に関する優れた著作等に授与される「大平正芳記念賞」を受賞しました。

「大平正芳記念賞」は故大平正芳首相の名にちなんで1985年に設立された大平正芳記念財団によって創設された賞で、毎年5〜6点の優れた著作が選ばれます。

阪南大学叢書とは、阪南大学産業経済研究所の所員が研究成果を広く公開するため、シリーズ化して刊行助成を行っているものです。