2018.3.2

【平昌オリンピック】本学職員の渡邊啓太選手が5000mリレーで7位入賞

【平昌オリンピック】本学職員の渡邊啓太選手が5000mリレーで7位入賞

ショートトラックスピードスケート日本代表として平昌オリンピックに出場いたしました、本学職員の渡邊啓太選手が2月26日に帰国いたしました。
渡邊選手はショートトラック競技の日本代表選手の中でただ一人、全種目(1500m、1000m、500m、5000mリレー)に出場し、5000mリレーで7位入賞いたしました。
渡邊選手は、3月16日~18日にカナダのモントリオールで開催される「2018世界ショートトラックスピードスケート選手権大会」の5000mリレーに出場予定です。
引き続き、ご声援の程、よろしくお願いいたします。

渡邊啓太コメント

オリンピックも無事に閉幕し、帰国いたしました。
4年に1度の大舞台で、1番を目指し戦い抜けた時間を幸せに思います。
この場で戦えたのは、皆様の応援・サポートのおかげだと思っています。パブリックビューイング等にも参加していただき、応援ありがとうございました!!
緊張やプレッシャーもありましたが、応援が勇気になり最後まで諦めず戦い抜くことができたと思っています。目標としていた結果には届きませんでしたが、オリンピックという舞台は最高でした。今シーズン、残りは世界選手権です。リレーのみの出場となりますが、メダルを持って帰ってきたいと思います!応援よろしくお願いします!!