2021.11.3

観光地応援プロジェクト18~長崎県佐世保市~

コロナ禍でも異国気分~長崎県佐世保市・ハウステンボス~

国際観光学部3年 藤原一希

 コロナ禍でなかなか海外に行けない今、大阪から新幹線を利用して4時間強でアクセスできる、長崎県ハウステンボスへの旅行はいかがでしょうか(写真1)。
 ハウステンボスと言えばヨーロッパの町並み、イルミネーションにチューリップを思い浮かべる方が多いと思います。フォトスポットも多く、ヨーロッパの町並みだけでもいい写真が撮れますが、フォトスポットもかわいく、きれいな写真が撮れます。
 イルミネーションは通年開催されています(写真2)。チューリップの見頃は2月か3月頃のため、時期がはずれていますが、今からはバラが見頃になってきます(公式サイトによると、10月30日から11月21日まで)。もしバラの見頃が過ぎたとしても、クリスマス限定イルミネーション、さらにチューリップが見頃の時期になってきます。
 コロナ禍なので、複数の箇所を回ると感染リスクが高まり、不安になります。しかし、移動の大半が新幹線、行動範囲がパーク内であれば、多少安心できます。
 また、ハウステンボスは佐世保市にあります。佐世保といえば、有名なご当地グルメ、佐世保バーガーや佐世保レモンステーキも食べられます(写真3)。ぜひハウステンボスに遊びに行ってはいかがでしょうか。
  • 写真1 ハウステンボスのパーク内

  • 写真3 佐世保レモンステーキ

  • 写真2 イルミネーション