2022.2.10

阪南大学経済学部奨学金(2021年度)奨学生レポート④「リーダーシップ」枠奨学生 岡崎陽太さん(3年生)、保田峻佑さん(3年生)

 阪南大学経済学部では、「キャリアアップ」枠並びに「リーダーシップ」枠という学部独自の給付制奨学金制度(2・3・4年次生各5名、1名につき年間給付額40万円)を用意して、学生の成長をサポートしています。
 「キャリアアップ」枠は、公務・金融・国際という三つのキャリア分野を設け、学業成績が優良で主体的に進路目標の実現をめざして資格取得等に励んでいる学生に給付される奨学金です。
 「リーダーシップ」枠は、学業成績が優良で経済学部や大学が主催する行事等の企画・運営で中心的な役割を果たした学生に給付される奨学金です。
 今回は、2021年度「リーダーシップ」枠奨学生である岡崎陽太さん(3年生)、保田峻佑さん(3年生)の活動成果を紹介します。

経済学部3年生 岡崎陽太さん

 私は、2021年度リーダーシップ枠で経済学部奨学生に選ばれました、経済学部経済学科3回生の岡崎陽太です。この奨学金をいただいたおかげで、アルバイトの時間を減らすことができ、資格取得のための勉強時間や学内の活動に充てることができました。私は、経済学部学生企画委員会(以後HEP)という阪南大学経済学部をより良くするイベントの企画や運営をしている組織に所属しています。活動内容として、オープンキャンパスのスタッフや新入生オリエンテーションのスタッフなどをしました。今年度は、前委員長から委員長として任命され、活動しました。そして、委員長としての目標を2つ掲げました。
 1つ目は、報告・連絡・相談(ほうれんそう)が重要だと感じたので、些細なことでも先生方に報告したり、オープンキャンパスの日程が決定されたらメンバーにすぐに連絡したりしました。そして、分からないことがあれば、そのことを幹部で共有し、相談する機会を作り、会議することを心掛けました。その結果、スムーズに行動できたと思います。2つ目は、後輩への引継です。昨年度は、新型コロナウイルスの影響により思うように活動できなかったため、大事だと感じました。後輩の幹部とは、些細なことでも会議をしました。また、仕事を分担し、企画書を作成してもらい、それの確認をしました。その際、私も勉強になった部分もあり、協力して作成して良かったと感じています。また、今年度1回生がたくさん入会しましたが、その際の入会手続きを手伝ってもらうことができました。
 この学部奨学金をいただけたことにより、多くの貴重な経験をしました。リーダーとして活動する経験が初めてでしたが、HEPでの活動を通し、自分が成長することができたと感じます。成長できたのも、後輩や先輩方、先生方のおかげだと感じています。特に、言葉遣いやメールの仕方が身につきました。委員長は退きましたが、これからももっと多くのことを習得したいため、HEPに関わっていきたいと考えています。

経済学部3年生 保田峻佑さん

 2021年度、リーダーシップ枠で学部奨学金をいただいた、経済学部3回生の保田峻佑です。この奨学金を頂いたおかげで、私はアルバイトの時間を減らすことができ、経済学部学生企画委員会の活動時間に充てることが出来ました。
 今年度、私は、経済学部学生企画委員会(以降「HEP」と称する)の事務局長として、活動しました。この組織は、阪南大学経済学部の活性化を目的としており、大学主催のオープンキャンパスや、新入生オリエンテーションなどを企画・運営しています。また、経済学部を盛り上げるだけでなく、HEPに所属している学生も楽しく、そして成長してもらえるようにプレゼン大会やクリスマス会、慰労会なども企画しました。
 今年は先生方のご協力もあり、HEPが経済学部に所属する学生組織として公認に向けた議論が進んだ年でもありました。これは、歴代の組織の活動が認められ、また私たちの代が公認化を希望したため、実現した事です。
 しかし、今年もコロナウイルスの影響で昨年よりは緩和されたとはいえ、厳しい制限の中で活動せざるをえない状況でした。新入生オリエンテーションや慰労会が遠隔になったり、企画した1回生の経済学部交流会が中止になったりもしました。
 私は、この状況下でもたくさんのイベントを企画立案し、リモート会議を取り仕切り、企画書の作成、先生方とのやり取り、後輩にしてもらった仕事の最終チェック、イベント当日の取り仕切りを行いました。また、プレゼン班のリーダーとして、メンバーのプレゼン能力の向上ができるイベントなども実施しました。HEP運営に関わる事は、ほぼすべての業務に携わり、最終的に私が責任を持って活動しました。トラブルが起きた時も、どう行動するべきか考え、先生方にもご協力して頂きながら、解決しました。
 事務局長に任命されて14ヶ月間、自分なりに精一杯活動してきたつもりですが、本音を言えばもっとたくさんのイベントを行いたかったです。私や後輩たちが、充実した活動が出来たか不安でした。しかし、この1年、後輩たちと共に運営をしてきて、ノウハウや心構えを見せることが出来たと思います。そのため、これからは後輩たちが、しっかりと運営していってくれると思います。
 来年は4回生として、HEPを陰ながらサポートしていきたいと思います。