2020.12.15

阪南大学流通学部において「まつばらWalk・プレゼンテーション大会」を開催

 阪南大学流通学部1回生を対象にした「プレゼミ」の授業において、「まつばらWalk・プレゼンテーション大会」が開催されました。まつばらWalkとは、流通学部1回生の学生が、阪南大学がある松原市という地域を理解するため、フィールドワークの手法を学習するため、各クラスに分かれて、松原市内にある「ツムラ本店」、「幸南食糧」、「スポーツパークまつばら」、「布忍神社」、「マツバラ金網」を訪問して、見学させていただいたり、お話を伺ったりするという取り組みです。学生は、まつばらWalkにおけるフィールドワークを踏まえて、それぞれに設定された課題に取り組むと共に、「PowerPointの資料作成」、「発表内容の独創性」、「声(大きさ、速さ、抑揚)・表情・姿勢・発表態度」、「質疑応答への対応」等を評価の基準としたプレゼンテーションに挑みました。それが「まつばらWalk・プレゼンテーション大会」です。「月曜3時限ブロック」の審査結果は以下の通りです。

審査結果
月曜3時限ブロック

1位 住木ゼミ
佐野笑美さん・柴田千翔士さん
課題:「ツムラ本店」ならびに「河内鴨」について調査すると共に、「河内鴨」を活用した阪南大学学生食堂における新メニューについて提案する
2 井上ゼミ
浦添有貴さん・江藤光亮さん・大下和眞さん・大谷俊輔さん・越智海斗さん
課題:コロナ禍において子供たちにどのようにスポーツを広げることができるか
3 住木ゼミ
佐藤優奈さん・首藤颯斗さん
課題:「ツムラ本店」ならびに「河内鴨」について調査すると共に、「河内鴨」を活用した阪南大学学生食堂における新メニューについて提案する
※写真撮影時のみマスクを外しています。