2020.10.23

流通学部新入生歓迎会(第1弾)を開催しました

 2020年10月5日と7日に、学部の初年次教育の一環で260名の1年生を4グループに分けて新入生歓迎会(大縄跳びやクイズ大会、リレー)を開催しました。
 今回の企画・運営に関わってくれた先輩学生約20名を代表して、2年生の矢倉君から当日の様子を報告してもらいます。

矢倉 寛(流通学部2年生)

 今回私は、流通学部1回生のプレゼミ合同イベントを企画から運営まで携わらせていただきました。今年の1回生は入学当初からほとんどの授業がネット学習となり、同級生と顔を合わせる機会がほとんどなかったと思います。そこで、今回の企画では、新型コロナウイルス感染防止の対策を考慮しながら、学生同士が多くのコミュニケーションを取れる内容になるよう取り組みました。
 イベント当日、プレゼミメンバーでの協力を目的としたクイズでは、あまり顔を合わせたことがないであろうメンバー同士が話し合い、協力する様子が見て取れました。多くの学生が、大学で対面する重要性を感じてくれたと思います。
 私自身このイベントでは初めての経験である司会を担当させていただきました。競技中、本部やSAとの連携には改善点がありましたが、集まってくださったスタッフや各プレゼミの先生方の協力もあり、イベントを通して学生同士の交流は深められたと思います。今回の反省を活かし、今後も流通学部を盛り上げていけるよう取り組んでいきたいです。

参加した1年生の感想

  • 前期はオンラインの講義がメインで、なかなか交流がなく、後期からプレゼミが対面になったけどまだ全然話せませんでした。でも、今日のレクで今まで話したことのなかった人とも話すことができたのでそこはよかったと思います。結果、自分たちのゼミは4位だったけど楽しめたのでよかったです。来週以降もゼミが続いていくので楽しみにしたいです。
  • 本日のレクリエーションを企画・運営してくださった先輩、先生のみなさんありがとうございました。こういった機会を設けてくださったことで、ゼミの子とも仲良くなれたことをとても嬉しく思います。
    大縄跳びもリレーも大学生になってやると思わなかったので面白かったです。本当にありがとうございました。
  • 今回は他のゼミも集まってのイベントであり、いつも以上に活気のある授業になったと思います。クイズやスポーツは全員で楽しめるものになっており、よりクラスの距離が縮まったように感じました。
    コロナで距離をとりながらのレクリエーションでしたが、とても楽しむ事が出来ました。先輩方は忙しい中盛り上げやサポートをして下さり、本当にありがとうございました。
  • 縄跳びやクイズをすることによってプレゼミの人たちと交流することが出来て本当に良かったと思います。今までは対面授業もできず、友達もできない状況が続いていましたがそれがやっと終わるんだと思いとても嬉しい1日でした!
    僕たちの大学生活早く普通の日常に戻れるようにとこのような企画をしてくださった先生、先輩方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!
  • 僕は初対面の人と話すのがとても苦手なのでスポーツイベントのおかげで少し距離が縮まった気がします。次回からの授業で話しやすくなったのではないかなと思います。直接顔を合わせたのはほぼ初めてくらいなのに優勝という結果を得られてよかったです。
    SA(Student Assistant=先輩学生)のお二人にも、まだまだ周りとの関係がまばらな自分たちをリードしていただくことにより、イベントにおけるクラスの流れを壊すことなく円滑に進めていくことができました。感謝の気持ちも含め、さすがだなと思いました。
  • 大学に入って初めての行事みたいなことをしたのですごく楽しく、みんなでワイワイできたと思います。初めて話した子やSAの方たちと楽しくできたので良かったです。
    朝から準備までしてもらって感謝の気持ちでいっぱいです。運営、司会をしてくれた先輩学生の皆さん今日はありがとうございました。楽しく、円滑に進めてくれたのでとても楽しくできました。