2017.7.19

流通学部ゼミナール大会を開催しました

流通学部ゼミナール大会を開催しました

7月9日(日)に阪南大学流通学部は流通学部ゼミナール大会を開催しました

 流通学部では1998年から毎年各ゼミが研究成果を発表し合うゼミナール大会を開催しています。今年度はちょうど第20回目の大会となりました。
 今年度は記念すべき第20回目の大会にふさわしく、参加人数284名、参加ゼミ数24、参加チーム数52と過去最大の規模で実施されました。
 研究発表は8つの部屋に分かれて行われ、1チームにつき20分間(ただし1教室のみショート分科会で10分間の発表)のプレゼンテーションを行いました。
 各部屋ごとに上位3チームが入賞チームに選ばれました。発表後にお昼ごはんを食べた後に表彰式が行われ、入賞チームは賞品を授与されました。
 受賞チームの所属ゼミおよび発表テーマは次のとおりです

824教室(共通論題:スポーツブランドのマーケティング戦略)

最優秀賞 早乙女ゼミ3回生Aチーム
今注目のファッション“アスレジャー”で私生活をアクティブに

第2位 大村ゼミ3回生Aチーム
スポーツとファッションの融合(アスレジャー)

第3位 仲上ゼミ3回生Bチーム
スポーツ用品大手の直営店戦略

821教室

最優秀賞
神澤ゼミ2・3回生Aチーム 子どもの貧困—早期解決が日本を救う

第2位
大村ゼミ3回生Bチーム "心斎橋OPAの活性化への提言−ルクアイーレとあべのキューズモールの成功事例から−"

第3位
早乙女ゼミ3回生Bチーム 大学生が運動不足を解消できる活動とは?

822教室

最優秀賞
西口ゼミ3回生Aチーム 「てんしば」にあったらイイなスペースの提案 - ツリーハウスレスト -

第2位
西岡ゼミ3回生Aチーム 日本における残業問題

第3位
杉田ゼミ2回生 日本製テキスタイルの魅力と新製品企画

823教室

最優秀賞
早乙女ゼミ3回生Cチーム ダンスを通じた新たなまちづくり

第2位
臼谷ゼミ3回生Aチーム F1人気をもう一度

第3位
黒部ゼミ3回生Bチーム タバタプロトコールと筋トレのどちらが減量に効果的か?

831教室

最優秀賞
平山ゼミ3回生Dチーム 日本国内のラグジュアリー・ブランドのコピー商品問題とその課題

第2位
西口ゼミ3回生B 阪南大学内にあったらイイなスペース提案

第3位
新谷ゼミ3回生C 若者のクルマ離れ-なぜ若者は自動車を持たなくなったのか

832教室

最優秀賞
大村ゼミ3回生D ラグジュアリーブランドとDCブランド間の新たなコラボ戦略

第2位
早乙女ゼミ3回生D トップアスリートから学ぶ就職活動で緊張しない方法

第3位
臼谷ゼミ3回生C MOVIE〜Disney映画〜

833教室

最優秀賞
臼谷ゼミ3回生D 大学生のお金はどこに消えていくのか!?

第2位
黒部ゼミ3回生D 人気スポーツブランド調査

第3位杉田ゼミ3回生B ホテルのブランド価値向上を目的とした企画について

813教室

最優秀賞
平山ゼミ3回生C 京都デニム 現代ジーンズに求められる価値とは何か

第2位
岩橋ゼミ3回生A ファッション・カラーについて

第3位
鶴嶋ゼミ2回生A 広島カープはなぜ強いのか?
最後に、共通論題「スポーツブランドのマーケティング戦略」で最優秀賞を獲得した早乙女ゼミ3回生Aチームの代表の大北来輝くんの感想をご紹介します。

大北 来輝(流通学部3年生)

 今回のゼミ大会では、私達はアスレジャーという新しいファッションを活用して、若者の運動不足を解消する方法について研究しました。これまで20分間もプレゼンをしたことがなかったので話を組み立てることに苦戦しましたが、コツコツ積み上げてきたプレゼンの経験のおかげで、最後には自信が持てる発表に仕上げることができました。
 また、今回の研究を通して服のトレンドは細かく変化していくものだと改めて感じ、より服への関心が高まりました。