2019.3.7

2月26日(火)~28日(木)、堀内ゼミは鳥取県若桜町でフィールドワークを行いました

堀内准教授が担当する若桜町フィールドワークをお届けします。

 2月26日(火)から28日(木)にかけて、堀内ゼミは人口減少地域が抱える課題を発見し、その解決策を考えるため、鳥取県若桜町でフィールドワークを実施しました。今年度2回目の若桜町です。
 いま中山間地の多くが人口減少に伴う様々な課題に直面しています。若桜町も、人口減少はもちろんのこと、獣害や観光客の減少などの問題に悩まされています。
 秋に引き続いての今回のフィールドワークでは、秋に引き続いて鹿肉ジビエ料理の新レシピの開発をおこなうと同時に、国立大学法人鳥取環境大学の学生(遠藤由美子教授ゼミ)との交流を行いました。いっしょに街歩きをして発見した課題をふまえ、暫定的な解決案を提案しています(提案資料は年度末に公開する報告書に掲載します)。フィールドワーク三日目に、学生たちは途中成果の発表をおこない、役場の方に意見を聞きました。まだまだ改善の余地があります。来年度以降に、本格的に阪南大学—鳥取環境大学の合同でのフィールドワークを進め、若桜町を舞台にした地方創生を進めていく予定です。
  • 阪南大学・鳥取環境大学の共同作業

  • 冬のレシピ:シカ鍋

  • 街の図書館で資料調べ

  • 研究成果報告

以前に行った若桜町フィールドワークはこちらへ