2022.8.2

日本英語模擬国連(Japan English Model United Nations・JEMUN)2022が開催  (2022年 7月16日(土)~18日(月)近畿大学東大阪キャンパス)

日本英語模擬国連(JEMUN)とは

 JEMUNは日本で開催される最も革新的な模擬国連大会です。一般的な模擬国連とは違い、各国の大使としてだけでなく、ジャーナリスト(フォト・ジャーナリスト・SNSなど)として参加することができ、さらには高校生と大学生が同時に参加して、またこのような機会を通じて、世界という社会の一員として、グローバルに考えられる人材を育成することを目指しています。

本件のポイント

  • グローバル人材育成のための国際教育・英語教育プログラムを提供
  • 企画から運営まで本学学生で取り組むことでグローバルに活躍できるリーダーを育成
  • 国際理解、異文化理解、英語運用能力の向上をはかる

本件の内容

模擬国連は学生による国連会議のシミュレーションで、世界が直面する様々な課題を深く理解することを目指します。JEMUNでは、世界中から集まった学生が世界各国の代表者となり、英語を使用言語とし、SDGs(国連が取り上げる課題)に関して各国の立場を取りつつ協議を進めます。このような活動を通して、英語によるコミュニケーション能力の向上、議論のために深く調査するリサーチ能力の向上と国際事情の理解促進、議論を通して決議案を作り上げていくリーダーシップや協働力の養成、さらに、建設的な意味での分析批判能力の向上が期待されます。

日本英語模擬国連 最優秀賞を受賞しました

14大学197人、7高校から55人が参加。
国際コミュニケーション学部から9名(2回生2名、3回生6名、4回生1名)が参加。
  • 14大学197人、7高校から55人が参加。 国際コミュニケーション学部から9名(2回生2名、3回生6名、4回生1名)が参加。

国際コミュニケーション学部
Mark Sheehan教授からの感想

The Hannan University JEMUN Team worked hard to prepare and do their best to have a successful Model United Nations this year. Due to the pandemic, it has been two years since students have been able to take part in a large, in-person event. Students researched well and studied hard so that they were ready to share their ideas with many people about an important global issue: “Better Business for a Better World: Addressing the Environmental and Social Issues Related to Fast Fashion.” Thanks to the leadership of experienced students, and the efforts of students who were participating in their first MUN, the team was able to manage well at the event and achieve personal and team goals. Going forward, we all look forward to participating in more events that give students many opportunities to learn, grow and communicate. Thank you to all the people who supported us and to the students for their efforts to do their best.

国際コミュニケーション学部 3 回生からの感想

今回JEMUNに初めて参加したのですが、他大学の学生と話をするという機会はコロナ禍ということもあり今までほとんどありませんでした。しかし、今回のイベントでは様々な人と英語で会話をすることができ、しかもそれらの会話を全て英語で行うと言うことは中々同じ大学内では出来ません。今回の様に近畿大学で多くの学生と意見交換ができたのは、今後の人生の中で非常に貴重な経験でした。また機会があれば来年も参加したいと考えています。
私は、今回初めてJEMUNにブラジル代表で参加しました。開催前日まで、とても緊張しており、英語でうまくみんなと話し合いができるのか不安がいっぱいでした。しかし、1日目が終わる頃には不安はなくなっており、楽しさの方が大きかったです。3日間を振り返ると本当に参加して良かったです。みんなと協力して解決案を作成し、他国の現状を知る機会になりました。来年もぜひ参加したいです。
※ 後援:阪南大学後援会