2017.11.9

国際コミュニケーション学部 マークシーハン(Mark Sheehan)ゼミ ディベート大会

国際コミュニケーション学部 マークシーハン(Mark Sheehan)ゼミ ディベート大会

11月7日(火)@ 50周年記念館2階スチューデントコモンズ
ゼミディベート大会を行いました。
テーマ: Love or Money

三つのゼミがゼミディベート大会に参加しました。三回生が率先して大会を運営し、1、2回生をサポートしました。この大会でたくさんの生徒がいい経験をできました。

参加者:
• 大学入門ゼミa受講生(1回生)
• 専門演習アプローチ受講生(2回生)
• 専門演習1受講生(3回生)

各学生の国際コミュニケーション分野の視点から考えるワークショップおよびディベートを行う大会です。

ディベートの形式

立論、質問、反論
①肯定側第1立論、Affirmative 1st Constructive Speech
②否定側第1立論、Negative 1st Constructive Speech
グループディスカッション
<肯定側から質問、Cross Examination>
③肯定側第2立論、Affirmative 2nd Constructive Speech
④否定側第2立論、Negative 2nd Constructive Speech
グループディスカッション
<肯定側から質問、Cross Examination>

この取り組みを通して、学生達は以下のような能力を修得しました。

•共同学習
•事例に基づく学習
•問題を発見し対策を考える力
•コミュニケーション力
•計画を立案する力
•交流イベント&チームビルディング

国際コミュニケーション学部
Mark Sheehan教授からの感想

The first-, second- and third-year seminar students did an excellent job with this debate. The goal of the event was to gain some experience working together with classmates and members from all three seminars. Seminar students from all three courses had a good chance to help each other and learn from each other. To prepare, students worked in class on a number of topics and had simulated debates. During the actual debate, teams took turns presenting their ideas and arguments. After initial arguments, a second round was required to refute certain arguments and go into more detail on this interesting topic. The final round had the students summarize their ideas and achieve a consensus. The students had fun, discussed a hot topic, and also got experience listening to people with different opinions and sharing their own ideas. I look forward to seeing more debates with this great group of students.