2020.12.22

業界研究(建設・不動産業)の一環として、竹中大工道具館を見学

新谷ゼミではここ数年、毎年1人ずつ宅地建物取引士合格者が出ています。この学年でも宅地建物取引士に合格し、住宅メーカーに就職が内定している学生がいるため、それに関連する施設を訪問することとなりました。今回訪問した竹中大工道具館は大手総合建設会社である竹中工務店が開設した企業博物館で、大工道具の収集、保存を目的としています。
技術の発達によって電動工具が普及し、手道具を使用する職人が少なくなっているそうです。消えつつある大工道具を後世に伝えること目的としており、3万点以上の資料を保存しているだけでなく、大工道具に関する講演会やセミナー、実際に手作りを行うワークショップなども行っています。

竹中大工道具館には大工道具が展示されているだけでなく、道具の歴史の説明や映像資料によって理解しやすいようになっています。展示物も実際に触れることができるものもあり、どのように使われていたのかを実感することができました。貴重な映像資料も多く保存され、先人の仕事の様子がわかるようになっています。特に鍛冶の映像資料は見入ってしまう内容でした。
今回の見学内容は、直接的には住宅メーカーの仕事とは関係なかったのかも知れませんが、日本建築の歴史を知ることは有意義でした。