2015.8.18

【流通学部ゼミ大会】ビジネス/経営戦略/マーケティング1 平山弘ゼミ3回生報告

【流通学部ゼミ大会】ビジネス/経営戦略/マーケティング1 平山弘ゼミ3回生報告

1位 平山ゼミ「大阪天王寺界隈におけるホテルのポジショニング戦略」
チーム名:ピ−ナッツ
メンバ−:吉田 美咲、久山 ももか、尾崎 祐貴、山口 徹

テーマを選んだ理由:
「私たちは、ゼミ活動で、ザ・リッツカールトン大阪やリーガロイヤルホテル、阪急インターナショナルホテルに見学に行き、他のホテル対抗するための様々な戦略を学んだ。その中で近年、あべのハルカスが開業し、大阪の人のみならず多くの観光客が訪れる天王寺・阿倍野。そこに訪れる人々が宿泊時に利用するホテルは、どのようなものがあり、他のホテルとどのような違いを作り、利用客を呼び込んでいるのか。天王寺・阿倍野界隈におけるそれぞれのホテルの戦略が気になり、このテーマにした」

目次
Ⅰ 天王寺界隈のホテルの現状
Ⅱ ポジショニングとは
Ⅲ 高級ホテルのポジショニング 事例①〜③
Ⅳ ビジネスホテルのポジショニング 事例①・②
Ⅴ カプセルホテルのポジショニング 
Ⅵ 天王寺界隈のポジショニングマップ
Ⅶ まとめ
 今回のプレゼンテーションでは各ホテルのポジショニングの観点から研究を進めた。ポジショニングとは「自
社の製品やサービスを他社と差別化するための戦略的位置づけのこと」であり、ポジショニングをどうとるかがマーケティングにおいて、非常に重要な作業になるため、わたしたちのチームにおいては、1)高級ホテル担当、2)ビジネスホテル担当、3)カプセルホテル、4)全体ポジショニング担当と、それぞれの持ち場の担当をはっきりさせることで、各自が責任をもって、本課題に取り組むことができるように企図しました。
 結果として、そうしたことが評価されたのではないかと思っています。今後も大阪で求められるホテルの価値について、ゼミナール活動を通してさらに研究を深めていきたいです。
 審査員の中村宏先生、お世話になりました!本当に有難うございました!

(報告者:チーム ピーナッツ 吉田 美咲、久山 ももか、尾崎 祐貴、山口 徹)