2023.5.31

近畿学生野球連盟ベストナインに選出

 この度、本学硬式野球部所属の選手が近畿学生野球連盟のベストナインに選出されましたので、ご紹介します。本学からは4名もの選手が選ばれており、今シーズンの活躍に是非ご注目ください。

近畿学生野球連盟とは

近畿地区に所在する大学の硬式野球部により構成された野球リーグで、以下とおり三部にて構成されています。
【Ⅰ部】
大阪公立大学/阪南大学/和歌山大学/大阪観光大学/奈良学園大学/神戸大学
【Ⅱ部】
神戸医療未来大学/大阪工業大学/太成学院大学/大阪大谷大学/大阪大学/奈良教育大学
【Ⅲ部】
東大阪大学/大阪教育大学/兵庫県立大学/羽衣国際大学/奈良大学/大阪歯科大学

ベストナイン受賞者 投手

阪南大学 森田聡(大塚・2)初

4試合 24回3勝0敗 防御率0.75

投手は阪南大の森田が受賞!なんと防御率 0.75、3勝負け無しという安定したピッチングを披露した。

ベストナイン受賞者 外野手

阪南大 広岡寿将(四国学院大香川西高校4)初

12試合 54打席46打数17安打 打率.370

外野手二人目は阪南大の頼れる主将、広岡が受賞!勝負強い打撃で打線を引っ張り、主将としてもチームを牽引した。

ベストナイン受賞者 指名打者

阪南大 千原彪雅(鳥取城北4)初

12試合52打席48打数17安打 打率.354

指名打者は阪南大の千原が初受賞!打率.354と、クリーンアップとして申し分ない成績を残し、阪南大打線を牽引した。

敢闘賞

阪南大 竹内勇輝(鳴門4)初

6試合 45回 3勝2敗 34奪三振 防御率1.40

敢闘賞を受賞したのは阪南大の竹内!6試合に登板して防御率1.40と、安定した投球を見せた。また、45回を投げて与四死球7と、制球力の高さも光った。