2023.5.8

2023 春季リーグ戦 第2節結果 vs.大阪観光大学

第2節 1戦目(4月8日)vs.大阪観光大学

1 2 3 4 5 6 7 8 9

阪南大学

0 0 0 0 3 0 0 0 0 3
大阪観光大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
・1回裏、先発の竹内(鳴門④)は変化球でカウントを稼ぎ、3人できっちり抑える。
・3回表、9番高橋(大社④)が1アウトからセンターにヒットを放つも後続を打ち取られる。
・5回裏、先頭の5番にヒットを打たれ、7番にもヒットを打たれ、この日初めてのピンチを招く。しかし、8番9番と連続三振を奪い、0に抑える。
・6回表、1アウトから3番広岡(四国学院香川西④)、4番千原(鳥取城北④)が連続ヒットを放ち、チャンスをつくる。ここで、代打山口(近大泉州③)がライトへタイムリーを放ち、先制に成功。 続く、毛利(小松④)のタイムリー、7番堀敬(比叡山④)のセフティースクイズもあり、3点をもぎとる。
・9回裏、相手の先頭にヒットを打たれるも後続を打ち取り、3-0で勝利。
先発の竹内(鳴門④)は、9回被安打5、四死球2に抑え、今季初完封勝利となった。

第2節 2戦目(4月9日)vs.大阪観光大学

1 2 3 4 5 6 7 8 9

大阪観光大学

0 0 0 0 2 0 0 0 2 4
阪南大学 0 0 0 4 0 1 0 1 X 6
・1回表、リーグ戦初登板の前里(金沢学院③)が3人で抑え、立ち上がりを0で抑えた。
・1回裏、2番吉見(市立和歌山②)がレフトへのツーベースヒットを放ち、チャンスをつくるも後続を打ち取られ、チャンスを活かせず。
・4回裏、2番吉見(市立和歌山②)がこの日2本目のツーベースヒットを放つと、4番千原(鳥取城北④)がレフト前へヒットを放ちチャンスを拡大。 6番毛利(小松④)のエラーで先制すると、7番堀敬(比叡山④)がレフトへタイムリーを放つ。
8番國方(北照④)のセンターエラーもあり、4点を先取した。
・6回表、先頭にヒットを打たれると1番バッターにもヒットを打たれピンチを招く。その後、四死球で押し出しもあり、2点を取られる。
・6回裏、先頭の6番土倉(遊学館②)がライトオーバーのツーベースヒットを放つと、続く7番毛利(小松④)がライトへのタイムリーを放ち1点追加する。
・8回裏、4番千原(鳥取城北④)が右中間にスリーベースヒットを放つと、5番土倉(遊学館②)の犠牲フライで1点を追加。
・9回表、7回からマウンドに上がっている梅谷(東山③)が先頭に四球与えたランナーを出すと、8番にヒットを打たれ、ピンチを招く。 その後死球とタイムリーで2点を返されるも、2点で抑え6-4で勝利。
リーグ戦初登板の前里(金沢学院③)の好投もあり、チーム一丸で2連勝。
勝ち点1となった。