キャリゼミ2016中間報告 流通学部 平山ゼミ 3年生

活動の目的及び取り組む課題

 近年クールジャパンという言葉が日本政府やマスコミで取り上げられ、それに付随するかのように、ファッションやアニメの世界でもホットな話題となり、海外でも非常に人気のあるものとして評価されている現状が存在している。そうした場合に、国内で考えるクールさと、海外で考えるクールさとの間にはどのような違いがあるのか、それをまずは明らかにすることを通して、今後日本が展開しようとするクールジャパン政策について、現場でのマーケティング・リサーチを通じてその方向性を探るのが2つめの課題となる。
 最終的には、関係企業へのプレゼンテーションを行い、評価を受けることになる。また、併せて国や地域への最終報告案を提出することを最終目標としたい。

活動内容

 本ゼミは、クールジャパンについて、その方向性について、リアルとバーチャルにおける世界観の違いや国内と海外での評価を通じてもたらされる本質について研究を深めることになる。そのために必要な提携先として、ファッションの本場神戸でさまざまな展覧会活動や啓蒙をおこなっている神戸ファッション美術館をベースに、関連するホテル業界でのおもてなしやUSJ人気に見る海外からの顧客の動向について調査することを通して、今後日本社会において必要とされる、クールジャパンの方向性について、検討する。
よって、活動内容は、以下のプロセスを実践することになる。
(1)クールジャパンについてのマーケティング調査活動
クールジャパンの本質を知る上で必要となるマーケティング調査(市場調査、消費者アンケート調査、国内での評価と海外商品動向調査)をおこない、課題発見と解決のための対策を考える。
(2)クールジャパンについての研究調査
クールジャパンについて神戸ファッション美術館での学びを通して、クールジャパンについての本質を探る。
(3) 企業の営業部門と連携し、具体的な取組みについて検討し、提案書作成
企業の営業担当者との議論をとおして、今後必要とされるクールジャパンの方向性について、提案できるレベルのものを制作・完成させることを目標にする。

【中間報告】代表学生から活動状況

 前期平山ゼミでは流通学部ゼミナール大会での報告を念頭にして、ゼミ生30名を主に3つのテーマに分けて取り組んできました。それは、(1)ジーンズ探究、(2)ファッション・モード探究、(3)ホテルのブランド価値探究からなっています。(1)では国産ジーンズ発祥の地、児島にある国内初のウィメンズ・ジーンズのメーカーであるベティスミスを訪問し、ジーンズのブランド価値について学びました。(2)は神戸ファッション美術館でファッション・モードの歴史について講義を受け、そこから見出される各時代の価値の変遷について知識を深めました。(3)においては、ホテル心斎橋ライオンズロックで主に外国人観光客がホテルに何を求めているのかについて、社員の方から説明を受け、特にホテルの顔となっているうさぎ店長の存在も大きく顧客吸引に貢献していることなどが理解できました。後期ではさらにそれぞれがこれらのテーマを深掘りすることで、個人研究を深めていきます。

流通学部3年 森岡 祐馬、安岡 夏汐、河合 洋二
  • 神戸ファッション美術館 主席学芸員 浜田久仁雄氏による特別講演会

  • 流通学部ゼミナール大会 「ファッションは時代とともに」 報告の様子

  • ベティスミス工場見学 1枚の布がジーンズのパーツに裁断される様子

  • ホテル心斎橋ライオンズロックのうさぎのヒロシ店長の勇姿

  • 神戸ファッション美術館 見学の様子

参加学生一覧

今西 舞喜、岩崎 理沙、岩元 瞳、上田 華乃、内海 愛華、梅田 七海、海江田 唯、河合 洋二、北野 友梨、監物 佑哉、志茂 美緒、下村 奈央、杉本 千晶、竹田 彬人、竹本 亜矢、玉井 千聖、中倉 莉瑚、幡山 美月、原 尚之、船間 悠、宮田 丈綱、三好 紘平、森岡 祐馬、安岡 夏汐、矢野 綾菜、山原 克海、吉田 葵、吉田 敬佑、米村 純香、和田 美里

連携団体担当者からのコメント

株式会社ベティスミス 取締役開発部部長 大島 健吾氏

 阪南大学平山ゼミは2009年度から毎年のように本社のある倉敷市児島を訪問されており、児島ジーンズの持つ価値やその競争上の優位性について、学んでいただいています。特に、学生のみなさまには、日本初のウィメンズジーンズを誕生させた弊社の歴史やさまざまなジーンズに関わる「ジーンズミュージアム」に興味・関心を持っていただき、また弊社のデニム生地の裁断・縫製に至る製造工程を説明する際にも、熱心な質問が出るなど、ジーンズを生産・販売する者として、非常に心強く思っているところです。今後はジーンズのブランド戦略の方向性に加え、弊社がミッションとして掲げている日本のジーンズ文化の創造といった観点についても、学生のみなさまに研究を深めていただきたいと考えています。

活動日程

前期: 4月 クールジャパン全体の基礎知識習得、チームの役割分担決定
    5月 クールジャパン関連施設・店舗へのフィールドリサーチ①(神戸)
    6月  クールジャパン関連のマーケティング調査、フィールドリサーチ②(児島)
      クールジャパン関連のフィールドリサーチ③(大阪)
    7月 フィールドリサーチのまとめ
後期: 9月 クールジャパンについて個々の問題意識を固める①
   10月 クールジャパンについて個々の問題意識を固める②
   11月 クールジャパンについての現状分析を深める①
   12月 クールジャパンについての現状分析を深める②
    1月 総括と今後の問題提起
    2月 連携先様に1年間の取り組みを報告
   

関連ページ