2024.2.9

韓国の学生との交流会を開催「自分が学んできた言葉が通じる楽しさ!」

1月30日(火)と2月5日(月)に、日本語の語学学校へ研修に来ている韓国の学生から「日本の学生との交流がしたい」との希望があり、本学の韓国に興味がある学生との交流会を行いました。お互いが学んできた韓国語と日本語が通じて意思疎通が出来ること、かつ同年代なので興味を持っていることについて話が出来ることで、終始笑顔が絶えない交流会となりました。話題は、両国で流行っているものについてや、K-POP、食べ物、ファッションから恋バナまで多岐に及び、途中からは大阪弁講座が始まり交流会は終了しました。
その後は学生同士が意気投合して学外へ繰り出し大阪の街を案内したようです。
韓国側の学生からは1ヵ月の日本での研修中に同年代の方と話機会がなかったので同世代で話ができたことや、生の大阪弁も聞くことができ、このような機会が得られたことは一番楽しかったとの感想をいただきました。

次年度以降も継続してこの交流会を開催する予定です。

交流参加大学

1月30日(火)・・・霊山大学15名 阪南大学14名

2月5日(月)・・・女子大学20名 阪南大学11名

国際コミュニケーション学部2年 笠井彩音さん

今回、釜山にある霊山大学、ソウルにある漢陽女子大学の大学生と交流会することができました。
今まで韓国の現地の大学生と話す機会などなかったので本当に楽しかったですし、参加してよかったと感じました。内容としては、韓国の学生が日本語のプログラムで1ヶ月間、日本に来ているということだったので、日本のおすすめの店や美味しいお菓子などを紹介し、方言やアニメ、歌についても話しました。韓国の学生からはオススメの店を聞いたり、文化についても話しました。交流会後もみんなでご飯を食べて楽しく過ごせました。また、連絡先を交換した子達とは韓国でまた会おうと約束し合いました。交流会に参加し、韓国の学生はみんな日本語が上手で驚きました。そのため私も韓国語の勉強のモチベーションが上がりもっと頑張ろうと思いました。
今後もこのような交流会があれば参加したいです。