grandParent.titleImg.alt

GPAについて

GPAについて

本学では2015年度からGPA制度を導入しています。
GPA(Grade Point Average)とは国際的に利用されている成績評価制度で、履修した科目の成績を不合格科目も含めて数値化して、その平均値で表示します。GPA導入の目的は学生が自分の成績を客観的に把握して、学習計画を立てる上での参考にしてもらうことです。

■計算方法

(1)換算表
評価 点数 ポイント(評価点)
S 100〜90点 4.0
A 89〜80点 3.0
B 79〜70点 2.0
C 69〜60点 1.0
D 59〜0点 0.0
E 59〜0点 0.0
X 試験未受験 0.0
(2)計算式

(3)表示方法
GPAの値は小数点第2位(小数点第3位を四捨五入)で表記します。また、通算GPAと年度学期別GPAがあります。

■対象科目

本学で開講するすべての科目。なお、一度不合格となり再履修により単位を修得した場合でも、不合格の成績は計算式の分母に含まれます。
【対象外科目】
1.諸課程科目※のうち、卒業要件に含まれない科目
2.成績評価が「N」評価のもの
※教職課程、司書・司書教諭課程、博物館学芸員課程

■利用範囲

GPAはあくまでも学生の学習成果を把握することを目的としています。
よって、奨学金で使用される成績係数は各奨学団体で異なるため、詳細は学生課で確認してください。
また、進級要件・卒業要件にはGPAを使用していません。
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス