grandParent.titleImg.alt

中小企業ベンチャー支援センター

センター概要

「すすんで世界に雄飛していくに足る有能有為な人材、真の国際商業人の育成」という建学の精神にのっとり、ビジネスの中心地・大阪市・淀屋橋に平成16年開設したのが、「阪南大学中小企業ベンチャー支援センター」です。
産官学の連携で新しい産業の創出や中小企業の活性化のため、阪南大学卒業生はもちろんのこと、あらゆる人の起業相談・経営相談に応じるほか、在学生・第2新卒者の就職支援も活発に行っています。現在は、本キャンパス社会連携課にて受付けを行っています。

 阪南大学中小企業支援センターでは、専属アドバイザーを置くとともに、経済団体や自治体の中小企業支援センターをはじめとする各種支援団体とも連携を深め、起業相談・経営相談・教育事業などを通じて、中堅・中小企業の経営を幅広くサポートしていきます。

主な支援事業

中小企業ベンチャー支援センターは 、地域の企業や商店街・地方自治体などに蓄積されてきた実践的な知識・知恵・情報を大学が吸収し、大学の知的財産や研究成果と組み合わせて新しい価値を創造し、それを再び地域に発信・還元させる、といった循環作用によって地域と大学の活性化を図り、「知識循環」をはかります。

[起業相談]ベンチャービジネスの起業を力強くバックアップします。

低迷する日本経済を再生し、発展させるためには、ベンチャー企業の創造・成長が不可欠です、とは言うものの起業家に対する評価はまだまだ低く、さまざまな面で困難がともなっているのが実情です。そこで起業に伴う法律相談、公的資金、金融相談、人材育成支援など各分野の専門スタッフが適切なアドバイスを行って、企業の立ち上げをバックアップします。また、会社設立後も引き続き経営相談に応じます。

[経営相談]専属アドバイザーを設置して皆様を全面的にサポートいたします。

経営課題にかかわるコンサルティングを行っています。
長期にわたる不況下にあって解決しなければならない数々の経営課題を抱えています。また、現在17%を占めている近畿の製造業のシェアが、10年後には約15%と予想されています。そこでより付加価値の高い製品の生産にシフトする戦略が必要です。
センターでは経営計画立案、法律、特許、補助金を含む資金の相談、商品開発に伴う技術開発、マーケティング調査、従業員の教育など課題ごとに精通したスタッフが解決のためにアドバイスを行います。また、大学や研究機関との共同研究などそれぞれの目的に応じた連携のコーディネイトも行っています。

[教育支援]時代に応じた多種多彩な講座を開催しています。

2005年から大阪府中小企業家同友会と連携し、同友会大学を開催しています。
これは、会員企業の幹部候補社員を対象とした社員教育の一環として、経営分野にとどまらず、大阪の経済や文化なども取り上げる総合講座です。
今後は、経営における課題解決のセミナーや女性経営者の育成支援に取り組んでいく予定です。

ご利用方法

経験豊かなアドバイザーが課題にお答えします。

起業、経営、法律、特許から、新商品開発、公的補助金の申請まで。
経験豊かなアドバイザーが課題にお答えします。

場所・開室日時

場所
 本キャンパス1号館4階 社会連携課
 あべのハルカスキャンパス
開室日時(月2回)
 第二、第四金曜日 10:00〜18:00

当センターで行う起業相談・経営相談は無料です。ご相談内容と専門スタッフとのマッチングを図るため、予約制とさせていただきます。下記までご予約・お問合わせください。

なお、ご相談の際には会員登録をお願いいたします。会員登録にあたりましては下記の『阪南大学中小企業ベンチャー支援センター利用上の同意事項』をご確認の上、同意いただきますよう、お願いいたします。

阪南大学中小企業ベンチャー支援センター利用上の同意事項

(サービスの目的)
1. 本サービスは、阪南大学中小企業ベンチャー支援センターが行う起業・経営相談を通じて、中小企業やベンチャー企業の経済活動が活性化することを目的とする。

(会員登録)
2. 本サービスを受けようとする場合は、所定の様式により会員登録を行い、中小企業ベンチャー支援センター長の承認を受けなければならない。

(利用者資格の取消)
3. 次の場合には、会員登録を抹消することがある。
(1)会員登録の内容に虚偽が合った場合
(2)本同意事項に違反した場合
(3)その他本サービスの継続に支障があると阪南大学中小企業ベンチャー支援センター長が判断した場合

(自己責任)
4. 本サービスによる相談は、会員の自助努力を側面から支援するものであり、相談内容の解決を保証するものではない。また、本サービスによって得られた情報による事業実施等については自己責任において行うものとし、本サービスによって会員が受けたいかなる損害及び利用者が第三者に与えた損害について、阪南大学はその責を負わない。

(情報の活用)
5. 本サービスによって得られた相談内容等を、阪南大学の教育研究に活用し、公開する場合がある。その場合は、会員の個人情報等の守秘については、配慮する。

(同意事項の変更)
6.この同意事項は、会員の承諾を得ることなく変更する場合がある。その場合は、 変更内容をWEBサイトへの公開等により告知するものとする。

アドバイザーの紹介

起業、経営、法律、特許から新商品開発、公的補助金の申請まで。経験豊かなアドバイザーが課題にお答えします。

経営アドバイザー
関浦 照隆(せきうら てるたか)

阪南大学 非常勤講師/中小企業診断士

音楽・美術・落語家等のアート分野、流通業(小売・卸売・サービス)での経験を活かして、新商品・サービスの開発から販路開拓、ブログ活用マーケティング、後継者育成等の経営支援をします。

●専門分野 創業および新事業開拓、経営革新、マーケティング、助成金

※詳しくは社会連携課にお問い合わせください。

中小企業ベンチャー支援センター長

中小企業ベンチャー支援センター長 
山内 孝幸(やまうち たかゆき)
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス