grandParent.titleImg.alt

外国人留学生の方へ

ここでは外国人留学生の皆さんが日本で安心して留学生活を送れるように、また阪南大学で充実した学生生活を送るためのアドバイスや守らなければならない規則が書かれています。

資格外活動について

在留資格の「留学」は、本来就労することは認められていませんが、資格外活動許可を得ることで定められた範囲でアルバイト等報酬を伴う活動をすることができます。実際に修学費を補うためにアルバイトを行っている外国人留学生の人はたくさんいると思いますが、勉強の時間や自分の体力などよく考慮し、学生の本分である学業との兼ね合いも考えてアルバイトを選択してください。

資格外活動許可申請について

外国人留学生が勉強に支障のない範囲でアルバイトを行うには、入国管理局で資格外活動許可申請をしなければなりません。
外国人留学生に許可されるアルバイトの内容、資格外活動許可申請の方法は以下のとおりです。なお、修得単位が著しく少ない学生には、許可申請を認めません。

許可される資格外活動の内容
1週間につき28時間以内(長期休業期間にあっては1日8時間以内)の収入を伴う事業の運営又は報酬を受ける活動

許可の対象とならないアルバイト
下記のとおり、「風俗営業」が営まれている営業所において行う活動は、資格外活動違反となります。

(1)客の接待をして飲食させるキャバレー、スナックなどの飲食店。接待とは、お客さんの横に座り、話し相手になったり、お酒をつくったりすることを指します。
(2)店の照明が10ルクス以下の喫茶店、バーなど。10ルクス以下とは、低照明の飲食店及び個室等を設けるなどの飲食店を指します。
(3)麻雀屋、パチンコ店、スロットマシン設置店、ラブホテル、アダルトショップ、ダンスホールなどで行うアルバイト
(4)その他風営法で指定された性風俗特殊営業に従事する活動。性風俗特殊営業とは、ソープランド、ファッションヘルス、インターネットを利用した画像配信等を指します。また、勤務時間が深夜であったり、危険を伴う作業などは、外国人留学生が行うアルバイトにはふさわしくないので行ってはいけません。

資格外活動許可の申請方法について
★申請に必要な書類
  資格外活動許可申請書、パスポート、在留カード
★申請方法
 (1)個人申請 留学生が最寄の入国管理局へ出向き申請を行う。
   いつでも申請が可能ですが、申請と受け取りに2度入国管理局へ出向く必要があります。
   資格外活動許可は、通常1週間から10日ほどかかります。
 (2)申請取次 大学が外国人留学生に代わって申請を行う。
   申請の日程は限定されますが、外国人留学生は入国管理局に出向くことなく、学業に専念できます。
   資格外活動許可は、申請当日となります。

※申請日程等については、掲示、メールで連絡します。
※大学が申請することで審査が保証されるものではありません。

重要事項

1.資格外活動は審査の結果、許可されるとパスポートに認印シールが貼付され、在留カードに許可内容が記載されます。

2.資格外活動許可の有効期間は、許可を受けた時点のビザの在留期限までとなります。ですから在留期間更新申請の際には併せて資格外活動許可申請を改めて行わなければなりません。

3.資格外活動許可を受けずにアルバイトをしたり、許可された範囲外の仕事を行うと、入管法違反で摘発の対象となります。
摘発されると、処罰又は退去強制(帰国)となります。(情状酌量の余地は認められません。)
また、他の外国人留学生やこれから本学に留学する人の在留資格手続等に影響を及ぼすことになりますので、外国人留学生の皆さんはアルバイトをする場合には自覚を持って、十分注意をしてください。

4.資格外活動違反が判明した場合、阪南大学で懲戒処分を行います。

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス