grandParent.titleImg.alt

医療費補助制度

 学生の皆さんが、病気やケガをした時に医療費の負担を軽減するために、以下の「学生教育研究災害傷害保険」及び「学生健康保険互助会」の制度があります。

学生教育研究災害傷害保険

 「学生教育研究災害障害保険」とは、阪南大学及び阪南大学大学院に在籍する学生・院生の皆さんが、正課中や大学行事中、課外活動中等の事故によって生じた傷害(ケガ)等に保険金が支払われるものです。
 この保険には、阪南大学及び阪南大学大学院に在籍する全学生・院生が加入しており、保険の掛金は大学が負担しています。
 事故(ケガ)等が発生した場合は、遅延なく学生課まで申し出てください。
 その他、不明な点は学生課窓口までお問い合わせください。

学生健康保険互助会

学生健康保険互助会の概要

 学生健康保険互助会は、阪南大学の学部学生全員が会員となり、学生生活の4年間を通じて、学生の皆さんの健康維持・増進をはかり、疾病・傷害について相互に扶助することを目的とした団体です。現在は、医療給付を中心に活動しています。ただし、予防接種や歯科の矯正治療等で医療保険診療適用外のものは給付対象となりませんので、ご注意ください(詳しくは規約をご参照ください)。
 利用については、下記の詳細ページをダウンロードし、確認してください。

学生健康保険互助会の会費と会員の期間

 入学手続き時に健康保険互助会の会費を支払っていますので、最短修業年限となる1年生から4年生までの4年間は、この制度を利用することが出来ます。
 入会金 500円 年会費1,500円(1,500円×4年間=6,000円)
 会員証は学生証の裏に認印されていますので、学生証が会員証になります。

※休学中も会員ですので、申請すれば給付されます。原則、学生課窓口での申請となりますが、やむをえず郵送にて申請書を送付する場合は、82円切手を貼った返信用封筒を必ず同封してください。

留年等で最短修業年限を越えた時の措置

 最短修業年限を越えて在学する場合(留年や休学等)は、その年度の当初に会費を別途支払わなければ、会員になることができません。
 対象者には、学納金の振込用紙送付時に案内文も同封しますが、定められた期限を越えてからの申請はできませんので、ご注意ください。期限内に会費の納入がない場合は、学生健康保険互助会からの補助を受けられません。

学生健康保険互助会 2016年度決算

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス