grandParent.titleImg.alt

阪南大学学生会

平成29年4月に「阪南大学学友会」に代わる「阪南大学学生会」が誕生しました

阪南大学学生会の設立に向けて
 阪南大学学生会会長 経済学部4年生 小谷 喜也
 学生会設立準備委員会委員長・学生部長 石井 雄二

 本学では、平成29年4月に現在の「阪南大学学友会」に代わり、新たに「阪南大学学生会」を設立する予定になっており、それに向け、平成28年4月より、学生部長を委員長とし、文化会本部、体育会本部、大学祭実行委員会、留学生会、各学部から選出された学生、学生委員会や学生部などの教職員などで構成された「(仮称)学生会設立準備委員会」が発足し、新組織の形態や活動方針案、予算などの検討を行ってきました。今般、同委員会で会則の制定が承認され、平成29年度の会長選出も行われるなど、いよいよ設立に向けての実質的な内容協議の段階に入ってまいりましたので、ここに、これまでの経過を報告します。

 委員会は、今年度8回の会議を行ってまいりました。会議では、阪南大学学友会設立の経緯から、現在の状態に至るまでの歴史を振りかえったうえで、設立当時の1学部に所属する学生たちのほとんどがクラブに在籍していた状態から、5学部体制でクラブに所属していない学生たちのほうが多い現在の状況や、その多様なニーズに合わせた団体を作ることを考えてきました。併せて、現行の学友会では、多くの学生の多様な意見が十分に反映されないのではないかとの懸念もあり、新たな組織「阪南大学学生会」の設置が急務であるとのコンセンサスを得て、設置に向けた検討を重ねてきました。

 会議の内容としては、お互いの価値観が違うことを認める研修会を行ったり、お互いが所属する組織の活動内容などの理解を深めるための発表や話し合いを行ったりしながら、新しい組織の形態と意思決定の方法について議論を重ねました。
 そして、第5回(平成28/12/14)の会議で、新しい組織の名称が「阪南大学学生会」となることが決定され、第6回(平成29/1/25)の会議では、別添の「阪南大学学生会会則」の制定が承認、第8回(平成29/2/24)では平成29年度の会長選出も行われました。
 今後も会議を続け、4月には学友会に変わる新しい組織「阪南大学学生会」が発足します。

 このように、「阪南大学学生会」の発足準備は着々と進行しており、学生部も学生の自主的な活動を前向きにサポートしつつ、すみやかな移行にあたって全面的な協力・支援を行うこととなっています。
 今後、「阪南大学学生会」では4月7日(金)に新入生の歓迎イベントの主催をはじめ様々なイベントを企画運営し、各学部や各団体の活動を支援し、阪南大学の学生、そして大学全体の発展に寄与してまいります。学生の皆さま、学生のご家族の皆さま、教職員の皆さまをはじめ、学内外の関係者の皆さまにおかれましては、このような阪南大学学生会の新たなスタートに際し、格別なるご支援ご協力を賜りたいと、心より願っています。
平成29年2月24日
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス