grandParent.titleImg.alt

高大連携

阪南大学は教育内容の一層の充実と発展を図ることを目的とした高大連携を実施しています。

(1)併設高等学校との連携

2012年度

阪南大学高等学校 総合進学コース「総合的な学習の時間」において、4月より阪南大学及び阪南大学高等学校の教員が連携し授業を実施します。 
国際観光学部 ・学部紹介及び実験観光学(吉兼秀夫)

・観光と地理(松村嘉久)

・観光と事業(森山正)

・観光と歴史(来村多加史)

・観光と文化
国際コミュニケーション学部 ・ギリシャ神話のへんてこりんな神々(松本典昭)

・英語のチカラが未来を拓く(杉村醇子)

・ジャーナリズムが伝える世界、目指せジャーナリスト!(曽根英二)

・アメリカ化する日本、日本化するアメリカ(守屋友江)

・一緒に都(みやこ)をつくりましょう!唐の長安と平城京を手本にして(陳力)
経済学部・経済学と経済学部の学びの紹介(石井雄二)

・金融と機能と実務を知ろう なぜ銀行は経済システムにとって重要なの?銀行員は実際どんな仕事をしているの?(王凌准)

・最先端の経済理論はこんなに役立つ、臓器移植を効率的に実施するためには(奥村保規)

・アジア経済の実際:途上国の経済発展とそれにまつわる諸問題とは?(矢倉研二郎)
流通学部・ブランドマーケティングコース紹介(平山弘)

・スポーツマネジメントコース紹介(加藤清孝)

・ビジネスマネジメントコース紹介(新谷雅美)

・大学でフランス語を学ぶ意義(真田桂子)

・教職課程の取得方法について(秋山弥)
経営情報学部・“経営”・“情報”学部ではどんなことを学ぶの?(北川悦司、吉城唯史)

・セブン・イレブンはなぜ強い?(水野学)

・テーマパークに学ぶマーケティングの神髄(山内孝幸)

・ピカチュウが日本を救う−ポケットモンスターに見る日系企業のグローバル戦略−(奥康平)

2011年度
阪南大学高等学校と阪南大学経済学部との連携プロジェクトを実施しました。

・「Cheer up!南大阪魅力発掘プロジェクト」
→大学生と高校生が共同チームを編成し、天王寺地区の再開発により益々活性化する南大阪エリアの魅力を発掘することをテーマにインターネットメディアを通じ、全世界にその活動や魅力を発信しています。

(2)高大連携協定校

阪南大学は、教育内容の一層の充実・発展を図ることを目的とし、以下の高等学校と高大連携協定を締結しました。

・興國高等学校
・奈良県立法隆寺国際高等学校
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス