2019.2.12

「ベトナム社会人インターンシップ」のご案内

1. このインターンシッププログラムの目的

 日本の少子高齢化、アジア諸国の経済成長を背景に、企業の海外進出の動きはますます加速しており、中小企業においてもそれは例外ではありません。しかし、中小企業の中には海外人材を育てたいが自社の中に海外部門がなく(あるいは弱く)、自社で海外人材の育成ができないという悩みを抱えている企業が存在します。
 このような現状を鑑み、中小企業の海外人材育成に貢献することを目的に、阪南大学中小企業ベンチャー支援センターでは、大阪府との商工労働施策の連携と協力に関する協定に基づく事業として、「ベトナム社会人インターンシップ」への参加者を募集します。このインターンシップは、海外事業展開している、あるいは海外事業展開を考えている中小企業(製造業、サービス業)の若手社員を主な対象としており(中小企業以外からの参加も可能です)、阪南大学が学生を対象に実施しているベトナムインターンシップのプラットフォームを活用(横展開)することにより、比較的安価に参加いただくことができます。
 このインターンシップでは、日系企業が多数進出するベトナム・ホーチミンで、日本人にしかできない業務を担当してもらうと同時に、顧客訪問への同行や現地で働く日本人・ローカル社員との交流、日々の海外での生活などを通じ、グローバル人材へと成長するためのマインドを醸成していただきます。海外における「ビジネスの現場」に身をおき、どのようなスキルや知識が必要なのか、実践から学ぶことはとても有用です。

2.スケジュール(予定)

説明会

2019年4月9日(火)、11日(木)、いずれも16~17時

阪南大学あべのハルカスキャンパス(あべのハルカス23F)にて実施します。
参加者は事前に阪南大学学長室社会連携課(連絡先は次頁最下部参照)まで企業名・参加者名をお知らせください。どうしても都合がつかない場合も社会連携課まで個別にご相談ください。

最小催行人員

参加者が4名に達しない場合はインターンシップそのものを催行しない可能性があります。

日本出発日

2019年9月後半予定
※ 出発日は航空便の空き具合や運賃等の事情により決定します。
  帰国日は研修先と相談の上決定していただきますが、3か月以上を基本とし、12週間を下回る帰国日は設定しないようにしてください。
※ 最初の数日間担当教職員が帯同し、以降現地在住日本人に緊急時等の対応を委託します。

3.参加条件

  • 「明るく・元気で・素直」であることが最大の条件です
  • 大阪府内中小企業に勤務する、概ね30歳以下の若手社員を対象としますが、受入先企業が受入を了承すれば大阪府外企業勤務者、大企業勤務者及び31歳以上の社員でも受入可とします。
  • 事前オリエンテーションを日本(大阪)で1~2日間実施しますので必ずご参加ください。日時等は後日お知らせします。
  • 英語ができるに越したことはありませんし、現地では英語を話さなければならない場面がありますが、エントリーにあたって英語のレベルは問いません。しかし面接で英語のレベルを確認され、その結果不合格になる可能性はあります。せめて片言でも英語が話せないと、日常生活や研修先のローカル社員とのコミュニケーションに支障をきたします。
  • インターンシップ斡旋業、人材紹介会社等の人材系業種からの参加はご遠慮願います。
  • レポート作成のためWord/Excel/PowerPointが多少使えることが前提となります。また、現地に前記のソフトウェアが利用できWi-Fi接続可能なPCを持参していただく必要があります。

4. インターンシップ参加者負担額(概算)

参加費用

約40万円(大阪府内中小企業からの参加者)、約50万円(左記以外)
中小企業とは、中小企業基本法第2条第1項の各号のいずれかに該当する企業とします。
参加費用は、為替や航空券代・現地物価の変動により変更となる可能性があります。

参加費用に含まれるもの

大阪⇔ホーチミン間往復航空運賃(エコノミークラス)、ベトナムビザ代(業務3か月マルチ)、現地安全対策費用、研修先手配調整費用、事前・現地研修費用、帯同教員費用

参加費用に含まれない主なもの

  1. 自宅~伊丹または関空間交通費
  2. パスポート取得費用
  3. 海外旅行傷害保険料(3か月の場合で8~10万円程度)
  4. 現地での食費・交通費・観光費用・お土産代・クリーニング代等の生活費及び個人的費用
  5. 研修先が住居を用意しない場合のアパート代(400~500USD/月程度)・不動産仲介料
  6. 3か月以上の場合のビザ延長料金(研修先が負担する場合あり)
  7. 大学が紹介するレンタルPC、現地携帯電話・SIMカード・Wi-Fiルーター等の代金

5.その他

  • このインターンシッププログラムの主催者は、阪南大学中小企業ベンチャー支援センター(イベント企画)、名鉄観光サービス株式会社なんば支店(旅行取扱)(観光庁長官登録旅行業第55号)となります。
  • 渡航中の事故については、現地委託業者ができる限り対応させていただきますが、基本的には自己責任での参加となりますので、参加者及び派遣元企業は故意によるものを除き、阪南大学及び担当教職員・現地委託業者・現地受入企業・旅行取扱会社等の法的責任及び道義的責任を追及することはしないものとします。また、十分な額の海外旅行傷害保険にご加入ください(改めて保険代理店より案内が届きます)。
  • 研修期間中に撮影された全ての写真は、今後の広報やインターンシップ説明会等で使用される可能性があることをあらかじめご了承ください(肖像権は主張しないものとします)。
説明会への参加申し込み、その他本件に関するご質問は
阪南大学 学長室 社会連携課(担当:鶴谷)まで

(FAX)06-6654-5580 (電子メール)renkei@office.hannan-u.ac.jp
  • (広報協力)大阪府

  • 阪南大学中小企業ベンチャー支援センター