2022.11.9

大阪府からの「感染防止対策の徹底に関する要請」について (11月9日~当面の間)

 大阪府では、直近一週間の人口10万人あたりの新規陽性者数が増加傾向になるとともに、病床使用率も11月6日に20%を超過したことから、府内の感染状況を示す基準である「大阪モデル」が「警戒」(黄信号点灯)の目安に到達しました。第七波を上回る新型コロナウイルス感染症の大規模な感染拡大と、季節性インフルエンザの同時流行が想定されることから、今の段階から、第八波に向け、事前の備えや対策が必要と考えられています。このような状況を踏まえ、大阪府知事から周知要請がございました。
 11月9日から当面の間の大阪府民等への要請が決定されましたので、引き続き、以下の感染防止対策の徹底にご協力をお願いいたします。

<大阪府からの要請内容(11/9~当面の間)>
早期のワクチン接種を検討してください。

発熱等の症状がある学生は、登校や課外活動等には参加しないでください。

・以下の感染リスクが高い行動については、感染防止対策を徹底してください。
 (1)旅行や、自宅・友人宅での飲み会
 (2)部活動や課外活動における感染リスクの高い活動(合宿等)前後の会食
 なお、今回の府からの要請に伴う本学BCPレベルの変更はありません。

危機管理対策本部会議