2020.7.30

学生の皆さんへの注意喚起【7月30日追記】

大阪府においては、政府により出された『新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言』が5月21日に解除されました。しかし、大阪府で制定された「大阪モデル」は現在も続いており、黄色信号点灯による新型コロナウイルス感染拡大への警戒が喚起されています。

特に、緊急事態宣言解除後は若者の感染が増加しており、学生の皆さんも他人事ではありません。

以下、大阪府より出された学生への周知について記載しておりますので、内容をよく読み、引き続き、警戒心を持って行動するようにしてください。

20代を中心とする皆様への注意喚起!!

20代を中心に夜の街の滞在歴がある人への感染が拡大しています。
夜の街で飲食等をする時は、次の3つのポイントを守りましょう。
  1. 換気の悪い、狭い空間で、飲食をしながらの、大声での会話は控える
  2. 大皿から直接、料理をとったり、お酌や回し飲みは行わない
  3. 感染予防対策をとっているお店を利用する (「感染防止宣言ステッカー」の貼付店や「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを設置しているお店等)

大阪府が7月29日に発表した「感染防止に向けた取組み」も実践してください。

  1. 5人以上の宴会・飲み会は控える。
  2. 3密で唾液が飛び交う環境を避ける。
  3. 業種別ガイドラインを遵守 (感染防止宣言ステッカーの導入)していないバー、クラブ、キャバクラ、ホストクラブ等の夜の街のお店の利用を自粛する。
  4. 重症化や死亡リスクの高い高齢者、基礎疾患のある方及びその家族は、感染リスクの高い環境の施設(上記の店舗等)を避ける。

阪南大学制定「新しい学生生活様式」

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、今まで通りの生活を行うことで、ウイルスに感染しているという自覚がない人たちが密集して感染が広がるおそれが懸念されています。こうした事態を招かないためにも、阪南大学の在学生の皆様はこれからの生活様式を変えていく必要があります。
そこで、阪南大学では、新型コロナウイルス感染予防のため「新しい学生生活様式」を制定しました。ご自身や、周りの方、そして地域を感染拡大から守るため、皆で実践していきましょう。