修士論文

修士論文審査基準

この基準は、阪南大学学位規程第9条に規定する審査委員が行う修士論文の審査のうち、学位論文の審査の基準を定めることを目的とする。
審査委員は、提出された修士論文ならびに口頭試問を次に掲げる(1)から(11)の評価項目に照らして総合的に評価する。
  1. テーマが「修士(企業情報学)」の学位を授与するにふさわしいか。
  2. テーマの設定(対象および問題の限定)およびその問題意識が明確であるか。
  3. テーマに関する研究史の整理が適切になされ、かつそれにもとづいて自らのテーマの位置づけが明確になされているか。
  4. 結論が論題に対応しているか。
  5. 結論にいたる論証や実証が適切になされているか。
  6. 研究のテーマや方法あるいは得られた知見の学術的意義が高いか。
  7. 得られた知見の社会的意義あるいは現実社会への応用可能性が高いか。
  8. 論文としての体裁や形式が整っているか。
  9. 引用が適切になされ、参照文献が明示されているか。
  10. 盗用や資料・文献の改ざんなどの不正行為がなされていないか。
  11. 口頭試問において、論文の要旨をわかりやすく報告し、また審査員による質問に対して的確に答えているか。

大学院 企業情報研究科 コンテンツ