2021.3.30

2020年度産学官連携プロジェクト報告会実施①

「あわら市観光協会×阪急交通社×阪南大学小林・李・ゼミ」報告会

 阪南大学国際観光学部の小林・李ゼミでは、ゼミ活動として福井県あわら市、あわら市観光協会と株式会社阪急交通社教育旅行センターとの間で「福井県あわら市の地域活性化」をテーマに産学連携プロジェクトに取り組んできました。
 2021年3月11日、福井県あわら市役所会議室、株式会社阪急交通社本社、阪南大学南キャンパス9105教室の3ヶ所をMS Teamsでつなぎ2020年度の活動報告会を実施しました。
  • 代表の阪南大学小林先生の挨拶

 このプロジェクトは、今年度で5回目を迎えることになりました。毎年、あわら地域の観光による活性化に向けて、阪南大学国際観光学部の複数のゼミ等の学生がそれぞれの指導教員の専門性を活かした観点から、地域活性化に向けた提案を行うという取り組みです。おかげさまで、今年度5回目を迎えることになりました。毎年、観光による「あわら地域の活性化」に向けて、阪南大学国際観光学部の複数のゼミの学生がそれぞれの指導教員の専門性を活かした観点から提案を行うという取り組みです。
 本プロジェクトの特色は、このように多面的に地域活性化に取り組んでいる点、単年度で終わるのではなく改善を加えながら持続的に取り組んでいる点です。
また、ゲスト(学生)の視点だけではなく、ホスト(地域の方)との交流を交えた複合的な視点をできるだけ多く取り入れるため、4泊5日を基本とするインターンシップ制度や地域実習制度を導入したことなどです。
 このような取り組みが、2019年、観光庁の「大学と地域・企業が連携した先進的な実践事例」として取り上げられ、評価をしていただくことになりました。
しかしながら、本年度は、コロナ禍により、あわら市でのインターンシップやフィールドワークが一切実施することが出来ませんでした。したがいまして、2年生は文献資料やインターネットでの情報収集、3年生はそれに加え前年のインターンシップ等の経験を踏まえた、本日の報告となります。具体的には、李ゼミ2・3年生による「宿泊プラン等」の提案が4つ、小林ゼミ2年生による「地域の観光資源を活用したテーマ性のある旅行プラン」の提案2つの計6つの報告となっています。

小林チームの取り組み『旅行プランの企画』

2つのチームに分かれ、それぞれが福井県あわら地域への観光客の集客を目標に、あわら地域にある観光素材を様々な視点から分析、そして、ターゲット層とテーマを設定し、観光素材に味付けを行い、テーマ性のある体験型の旅行プランを提案しました。
  • ※写真撮影時のみマスクを外しています

旅行プランの企画

発表タイトル①: 幸福立県から学ぶ幸せ集めの旅
小林ゼミ井上チーム 井上千鶴菜、神頭七穂、桑野岳之、白藤佑佳、末友遥、
瀬尾紗也加、高原奈央
今回のツアーでは福井県が幸福度ランキング日本一であること、アンケート結果から夫婦旅行の需要があることに着目し、プランを企画しました。課題発見の経緯としては、福井県は日帰りの観光客が多いことや、観光素材により集客に大きなムラがあることなどが指摘されていることに着目しました。一方、福井県への観光客は年々増加傾向にあります。
そこで、日帰りの観光客を宿泊観光へ持ち込むには?それが観光課題解決に近づくのでは、と私たちは考えました。本ツアーでは、幸福の象徴である四つ葉のクローバーを通して幸せを感じる、学ぶ、をテーマにしています。
また、ツアーを通して観光者と地域、両者にメリットのあるようなツアーにしています。

旅行プランの企画

発表タイトル②: 体験を通して見つけよう!安心・安全「親子で学ぶ福井旅」 小林ゼミ南チーム 南彩乃、玉城あすみ、直江亜耶、福澤未来、古谷成美、          牧野昴
混雑を避けたい、車で移動したい、安心安全を優先したい、感染状況が落ち着いた場所に行きたいというコロナ禍での旅行のニーズに合わせ、マイクロツーリズムや着地型観光を重視したプランになっている。
それぞれの観光地で、知識を高める知育・食文化を学ぶ食育・健康的な体づくりを意味する体育・道徳心を学ぶ徳育という4つの観点から親も子も新たな学びを得ることを目的とする。また、現在のコロナウイルスによるストレスなどを、福井県の自然豊かな場所で発散するという目的もある。

李ゼミの取り組み:『宿泊プラン』の提案

昨年度(2019年度)、現地で実施した調査や、宿泊施設でのインターンシップ等を踏まえて、あわら温泉地域の宿泊施設に対して、サービスマネジメント視点での改善点や学生視点による新たな宿泊プラン等の提案を行いました。

旅行プランの企画

発表タイトル①:「福井県あわらで衣食住を学ぶ!‐修学旅行宿泊プラン‐」
        3回生: 盛、折坂、明城

旅行プランの企画

発表タイトル②:「日本酒満喫宿泊プラン」
         3回生:向、中井

旅行プランの企画

発表タイトル③:「大切な人を癒し世界一幸せにする」
         3回生:小倉、吉本、桝井

旅行プランの企画

発表タイトル④:「日本の旅館の現状と課題 ‐あわら温泉の事例‐」
         2回生:瀬川、立川、吉田、松田、東上

一般社団法人 あわら市観光協会
会長 前田 健二氏 コメント

阪南大学 小林ゼミ・李ゼミの皆様へ

(一社)あわら市観光協会
会長 前田 健二

 謹啓 梅の香りが爽やかに漂う春暖の候、皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。平素は格段のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、先日は報告会お疲れ様でした。多彩な視点からご発表頂き、誠に有難うございました。私としてはとても楽しみにしておりましたし、おかげさまで有意義な時間を過ごさせて頂きました。
 せっかくの機会ですので、私の感想を申し上げます。
・「幸福立県から学ぶ幸せ集めの旅」は、観光客の域内宿泊率の低さに気が付かれた点、ハネムーンとフルムーンとの間「ハーフムーン」の着眼点が良かったと思います。
四つ葉のクローバーにちなんだ旅行も面白く、SNSの活用案もグッドでした。

・「体験を通して見つけよう!親子で学ぶ福井旅」は、リピート率の向上はとても大事ですし、コロナ後の観光の在り方を考えていて良いと思います。親子をターゲットに食育の旅という明確さがありました。プラチナラリーの存在は知らなかったです。

・「衣食住を学ぶ、修学旅行宿泊プラン」は、視点が面白い。しかし、教育をどういうアプローチでするかが鍵ですね。総合学習から探求へ変わる中で、沖縄と文化の違い(非日常)をアピールで誘致は大事ですし、女将による和食文化の説明も良いと思いました。

・「日本酒満喫プラン」は、マーケティングとターゲティングによる設定は高評価。コロナ禍ならではのアイデアが良かったです。宿泊者によるSNSへのUPというPR手法は必要だと思いますし、説明の仕方が好印象でした。

・「大切な人を癒し世界一幸せにする」は、このタイトルを用いて下さり大変嬉しい。
ライトアップを体験と提灯の組み合わせが面白かったです。部屋にアロマキャンドルを設置する等、女性・若者目線で提案していただき感謝申し上げます。

・「日本の旅館の現状と課題~あわら温泉の事例~」は、過去の事例が多くあり、リモートでの問題を感じました。域内宿泊率の向上の為にも、インバウンド推進の提案はもっともでありましたし、視点は良かったと思います。もっと討論したいと思いました。

 色々申し上げましたが、現地を訪問出来ない中で良く調べ上げ提案していただいたこと、誠に有難うございました。可能であれば是非あわらの地でお話したく存じます。
 コロナ禍の収束がまだ見えていませんが、必ず乗り越え元気に再会出来ます様心から祈念申し上げ、失礼致します。
謹白

一般社団法人 あわら市観光協会事務局長
米由 誠氏 コメント

 この度は、産学官連携事業の研究成果発表会を開催していただき誠に有難うございました。また、当日は市の諸行事と重なり、参加者が少なく申し訳ございませんでした。
 さて、発表内容の感想を述べさせていただきます。
 全体的に堂々とした発表内容で、年々発表内容が細かい調査内容と、若者の感性ならではの面白さと思いがけない発想で、色々な気付きがありました。
 今後の商品展開の参考に是非ともさせていただきたく思います。

・「幸福立県から学ぶ幸せ集めの旅」は、3日間の滞在でお楽しみポイントが網羅されていてここでしか出来ない体験など聞いていて楽しかったです。温泉の紹介はセントピアあわらでしたが、74本の源泉があり旅館によって温度や成分が微妙に違う紹介があればよかったと思います。
・「体験を通して見つけよう!親子で学ぶ福井旅」は、知育、食育、体育、徳育のテーマは良かったですが、もう少し深掘りするとより良かった内容になったと思います。恐竜博物館は親子旅ではマストで、夏にあわらを訪れるファミリー層は芝政と恐竜が目的でお見えになっています。

・「福井県・あわらで衣食住を学ぶ!修学旅行宿泊プラン」は、旅館での温泉玉子づくりでの絵付けは面白いですね。単なる温泉玉子づくりはいくつかの旅館でやっているので。夕食体験では更にメニューを調査して提案したら、季節感が出せて更に良かったと思います。
・「日本酒満喫宿泊プラン」は、ターゲット設定やコンセプトなどきちんと説明できていましたね。茶菓子にウイスキーボンボンの日本酒バージョンや日本酒各銘柄の冊子作成などは今後の商品づくりの参考にしていきます。
・「大切な人を癒し世界一幸せにする」は、あわら市観光協会が平成28年に作成した観光ビジョンの基本理念と同じタイトルであり、私達が伝えたい事です。20代をターゲットにした体験プランを5つほど紹介されると更に良かったと思います。
・「日本の旅館の現状と課題~あわら温泉の事例~」は、インバウンドと国内日帰り客の誘致における課題を提案していただき、今後のイベント告知における若者への情報発信などを弊会でもさらに研究をしていきます。

 我々はこの成果発表会を通じて、いろいろな気づきに遭遇し今後あわらならではの地域資源を使った商品造成に参考にさせていただきます。教授はじめ学生の皆様いろいろ有難うございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。