2017.2.20

産学連携プロジェクト「あわら温泉×阪急交通社×小林・李ゼミ」

産学連携プロジェクト「あわら温泉×阪急交通社×小林・李ゼミ」

2017年2月16日、福井県あわら市観光協会、株式会社阪急交通社の担当者出席のもと、学生たちがこれまでの活動を通して考えた、あわら市活性化のための提案についてプレゼンテーションを行いました。

国際観光学部の小林・李ゼミの連携ゼミでは、今年度のキャリアゼミ活動として、福井県のあわら温泉観光協会と株式会社阪急交通社と産学連携を行ってきました。

テーマは「福井県あわら市の地域活性化」。学生目線で考えるツアープラン企画による地域の活性化を狙います。
小林ゼミでは、これまで多くの企業や地域と連携し、ツアープランを提案してきました。その経験を活かし、福井県あわら温泉地域が抱える課題を研究。3つのチームに分かれ、それぞれのチームが現地でのフィールド調査を行ってきました。それぞれの視点から観光素材を再発掘し、ターゲット客層を定め、新たなテーマを設定し、温泉・カニだけに頼らない体験型の新たなストーリ性のあるツアープランを提案しました。
李ゼミでは、サービスマネジメントの視点から大型旅館のサービスを研究しています。主に福井県のあわら温泉における大型旅館を対象に楽天トラベルの口コミサイトを調べ、旅館のサービスを分析。旅館の顧客が満足するサービスや不満に思う点を明確にし、旅館の集客につながるサービスの提案しました。
お越しいただいた担当者の方からは、学生たちの調査と視点を評価いただき、好評を博しました。
ツアープランが採用された際はぜひ参加してみてください。