福本 賢太

プロフィール

国際観光学部 国際観光学科

福本 賢太 (フクモト ケンタ)

 21世紀以降、我が国は観光立国への道を歩みはじめ、堅調なインバウンド(訪日外国人旅行者)需要に支えられた観光事業者(旅行業、航空業、宿泊業、テーマパーク業、鉄道業他)・ 観光地経営事業者(DMO、DMC)は成長産業に位置付けられ、将来に渡る日本経済への貢献を期待されてきました。
 しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「移動制限」は観光に関わる諸事業者の経営環境を激変させ、更には経済状況(所得の減少、雇用環境の悪化他)・消費者心理(三密の回避、市中内感染の拡大他)の悪化と重なり、旅行・観光需要の回復は時間を要する様相にあります。この需要低迷期を耐え忍びつつ、業態変容への努力を重ね続けた事業者は、近い将来、再び日本経済を支える成長産業の座へ復活することを信じています。Society5.0時代(「仮想空間+現実空間」の融合社会)の到来を見据え、『観光型MaaS』(モビリティ・アズ・ア・サービス)による地域活性化、『JTB TaaS』(ツーリズム・アズ・ア・サ-ビス)によるトータルコンテンツプラットフォーム構想他、観光事業者は次世代へむけた新たな動きを見せはじめています。人工知能(AI)をはじめとする多様なテクノロジーの出現は、既存観光事業者の経営課題を解決(需要の創出・生産性の向上等)、更には新たな社会的価値を創造する事業者への変容を導くものと考えます。
 「実践し、実践から学び直す『実学』」を教育指針に、全ては学生のために、旅行・観光ビジネスにおける実務経験(16.5年間)と大学機関における教育研究活動の経験を融合進展させ、学生の成長(知的成長・社会的成長)へ今後も貢献し続けます。コロナ惨禍を乗り越え、多文化共生の時代を生き抜く人材の輩出を通じ、国際文化観光都市圏・関西の元気を取り戻していきたいと考えています。

出身地 兵庫県
出身校 同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程
学位 修士(政策科学・同志社大学)
担当科目 観光経営学、観光文化論
研究テーマ
  • 観光教育、観光ビジネス
主要業績
  • 『現代の観光事業』共著、ミネルヴァ書房、2009年
  • 『地域創造のための観光マネジメント講座』共著、学芸出版社、2016年
  • 『これからの観光を考える』共著、晃洋書房、2017年
  • 『ひろがる観光のフィールド』共著、晃洋書房、2020年
                  

※その他の研究業績については、下記「researchmap」(国立研究開発法人科学技術振興機構)で公開している研究ページをご覧ください。

researchmap

e-mail fukumoto@hannan-u.ac.jp

新着情報

一覧