2016.6.2

経営情報学部田上ゼミ プロジェクションマッピング・プロジェクト始動!

経営情報学部田上ゼミ プロジェクションマッピング・プロジェクト始動!

 マルチメディア情報を専攻する経営情報学部の田上ゼミでは,阪南大学後援会からの依頼を受けて,本年度の大学祭でのイベントを目標にプロジェクションマッピングに取り組んでいます。
 大学祭に至るまでに,オープンキャンパスにおいても,準備の整ったところまでをデモンストレーションする予定で,合計4〜5回の展示を考えています。
 田上ゼミのプロジェクションマッピングチームは,コンテンツ班,機器操作班,機材設営班,記録撮影班の4つの小チームで編成され,それぞれを4〜6名のゼミ生が担当します。各小チームはそれぞれの役割に従って現在順調に準備を進めています。
 これまでの主な活動は次のとおりです。

2月18日・3月7日

  • プロジェクター実地検証(1)7000㏐

  • プロジェクター実地検証(2)11000㏐

 2月18日,エプソン株式会社,富士通マーケティング株式会社のご協力により,実機貸し出しにて投影効果を検証,ただしこの日使用した7000㏐機では光量が不足した。3月7日,再び2社の協力を得て,11000㏐の最新機で検証。若干の光量不足は認められるが,なんとか使用に耐えられる範囲であると判断。導入機種を決定した。

4月25日 プロジェクタ搬入・投影テスト

  • 業務用プロジェクタのセットアップ

  • 投影テスト

 プロジェクターが到着。投影テストを行うが,一般的なプロジェクターとは比べ物にならない大きさと重量,操作性に戸惑うゼミ生。それでもなんとかテストパターンの投影までこぎつけた。

5月9日〜23日 チーム別作業

  • 3D-CGによるプロジェクタ設置台設計

  • 設置台の仮組

  • 3Dプロジェクションの研究

  • ドローンによる撮影操作

 各班に分かれてそれぞれの作業に入った。コンテンツ制作班はコンテンツ原案・絵コンテの制作,機器操作班は使用するマッピングソフトGRAND VJ-EXT による3Dプロジェクションマッピングの研究,機材設置班はプロジェクター設置台の設計・部材調達・仮組である。設計には3D-CGソフトを使用した。記録・撮影班は,田上ゼミのもう一つのプロジェクト,産学連携キャリアゼミで使うドローンに搭載されたカメラを用いて記録を開始した。

関連サイト