2021.3.9

ハルカス300でプロジェクションマッピング 経営情報学部田上ゼミ

あべのハルカス展望台の夜の彩りを演出

2021年3月3日(土)夜、大阪市阿倍野区の超高層複合施設あべのハルカスの展望台(ハルカス300)において、経営情報学部の田上ゼミが制作したプロジェクションマッピングが上映されました。

このたびのプロジェクションマッピングは、あべのハルカスにキャンパスを構える大学が合同で実施するハルカス大学事業「ハル大祭」の一環で開催されました。テーマは「光響詩 森羅万象」。一昨年に東京で開催された東京プロジェクションマッピングアワードに出展された「森羅万象」の続編ともいえるもので、コンテンツは音楽も含めてすべて学生の手で新たに制作されました。今年卒業する4回生チームの卒業制作作品でもあります。ぜひ、当日の上映の模様をご覧ください。
プロジェクションマッピングはあべのハルカスの60階から投影され、18:00から20:00にかけて計5回の上映が行われ、美しい大阪の夜景と相まってひな祭りの日の夜を彩りました。