2019.4.24

「仏教建築×聖徳太子×デジタルアート」 太子町聖燈会にて南向山西方院本堂にプロジェクションマッピング

 2019年4月20日(土)に大阪府太子町で開催された「太子聖燈会」にて、聖徳太子ゆかりのお寺として名高い南向山西方院の本堂に、経営情報学部田上ゼミがプロジェクションマッピングをおこないました。
 この催しは西方院、太子町太子聖燈会実行委員会、阪南大学3者の、官学+寺院連携事業として開催されたものですが、全国でも珍しい寺院でのマッピングに1000名にのぼる観客が訪れたため、西方院の門前にはテーマパークのアトラクションさながらの行列ができ、上映は当初の予定を大きく超えて10回に及びました。
 今回のテーマは「仏教建築×聖徳太子×デジタルアート」。近未来の仏教信仰のイメージ、聖徳太子に関する知識のビジュアル化など、これまでとは少し違ったアプローチの作品になっています。もちろんこれまでの作品同様、すべての映像・音楽は田上ゼミのオリジナルです。
 当日の映像はYouTubeにアップされていますので、是非一度ご覧ください。

第12回太子聖燈会チラシ

活動写真

  • ゼミ生に指示を出す田上教授

  • 映像照射最終調整中

  • 会場設置する田上ゼミ生

  • 観覧待ちの長蛇の列

  • 当日本番直前の詳細な打ち合わせ

ゼミ集合写真