2017.11.24

経営情報学部4回生の阿部拳仁君、井森颯君がゲーム学会全国大会で研究発表を行いました

経営情報学部4回生の阿部拳仁君、井森颯君がゲーム学会全国大会で研究発表を行いました

 11月3日・4日に本学あべのハルカスキャンパスにおいて開催された、ゲーム学会第16回全国大会において、経営情報学部田上ゼミ4回生の阿部拳仁君・井森颯君が、全国から集まった研究者の方々にまじって研究発表を行いました。発表テーマは「音のギミックを使ったプロジェクションマッピング」。彼らが独自に考案した「オトハコ」と呼ばれるマッピングオブジェクトを用いて、投影された映像から縦横無尽に音場を作り出すという研究です。
 いくつかの鋭い質問に行き詰まるシーンもありましたが、聴取された先生方からは概ね好評価をいただきました。

関連サイト